FX / エフェクト効果

動画編集で映像に光の屈折効果(プリズムやブラー)を与えるなら『BCC Prism:エフェクト』がおすすめ!

製品版PowerDirector Ultimate以上 + win版:PowerDirector 365以上に標準搭載
※過去バージョンでもグレード次第で搭載されている可能性が高いです

 

 

 

製品版『PowerDirector Ultimate』以上のパッケージと『win版:PowerDirector 365』プラン以上に標準搭載されている

『BCC prism』を使用すると、お手軽に映像に光の屈折効果を与えることができます

 

 

公式サイトでPowerDirectorシリーズをお安く購入する方法はこちら

 

 

エフェクトってなんぞ?

動画編集においてのエフェクトというのは、視覚効果などを指します

色調を変えて白黒にしたり光源を光らせて神秘的な視覚演出を行えたり、様々なエフェクトがあります

 

 

ブラー効果に近いですが、レンズ的な光の屈折効果のような感じとも言えます

 

 

 

BCC Prism 概要

 

BCC Prism:エフェクトは、色収差(色ズレ)の効果をシミュレートするために使用されます

映像素材によっては、画像内のコントラストのエッジに沿ってエフェクト効果が作成される可能性があります

 

また、中心点から外側に向かってのシンプルな高品質ブラー効果としても使用できます

 

 

このBCC PrismフィルターはOpenGl技術を使用しております

※ハードウェアアクセラレーションが可能にする超高速画像処理の恩恵があります

 

 

 

エフェクトの使用方法

 

 

PowerDirectorでこのエフェクトを使う場合は

 

『エフェクトルーム』→『サードパーティ』→『Boris FX Stylize』から

『BCC Prism』を使用したい部分のタイムラインに挿入して使います

 

このタイムライン上のエフェクトをダブルクリックすると

エフェクト設定画面からエフェクトを調整することができます

 

 

このエフェクトでは、調整するパラメータは強度パラメータのみなので簡単に調整できます

 

 

BCC Prism プリセットを適用してみる

 

BCC Prismには2つのプリセットが含まれています

※デフォルトと『Strong Chromatic Aberration』は同じ強度のパラメータ

 

このエフェクトは設定する項目が1つだけなのですごく簡単!

 

 

デフォルト+『Strong Chromatic Aberration』:

 

プリズム加工の強度が一番強いプリセットです

※オリジナルでミックスの値が0が一番強度が強く200がエフェクト非適用

 

ミックス:0 (0~200)

 

 

 

Mild Chromatic Aberration:

 

軽めのプリズム加工が施されているプリセットです

※ちょうど真ん中の強度パラメータ

 

ミックス:100 (0~200)

 

 

 

 

各種エフェクト設定値

 

 

 

ミックス:ぼかしたイメージと元のオリジナルイメージのブレンドを設定する値

※0だとエフェクトが完全に適応され、200に近くなればなるほどエフェクトが弱くなります

 

 

 

総括:映像に光の屈折効果(プリズム)を与えるなら『BCC Prism:エフェクト』がおすすめ!

 

 

いかがでしたでしょうか

 

 

こういうぼかす中心点から外側に向かうブラーというのも

動画編集では使いやすいエフェクトなのかなと思います

設定項目もほぼダイヤルで強弱をつけるだけという感じで使いやすい!

 

 

公式サイトでPowerDirectorシリーズをお安く購入する方法はこちら

 

 

それではお疲れ様でした!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-FX / エフェクト効果

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.