お遊び動画編集部!

PowerDirector 17を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

PowerDirector 17 FX~エフェクトあれこれ~

BCC Damaged TVフィルタで古いテレビ画面効果を演出!

更新日:

 

演出としての扱いは難しいけど

動画の入り等で使うと面白そうなフィルタです!

ザザーっていうノイズ音と一緒に使うと雰囲気が出ていいですね!

 

 

BCC Damaged TV 概要

新しくOpen G1フィルタカテゴリとして追加されたのが、BCC Damage TVフィルタです。

 

アンテナの信号が悪い、ガンのオフセット、歪みのあるエッジ、垂直回転、ノイズ、走査線などを備えた

CRTスタイルのテレビセットの外観をエミュレートするように設計されています。

 

このエフェクトフィルタは、全自動または手動で動作します。

 

フィルターを自動モードで使用すると

フィルターは自動的に垂直回転、走査線、ノイズ等のパラメーターを出力します。

 

フィルターは自動モードで使用されていますが

ユーザーはすべてのパラメーターを完全に制御できます。

 

BCCセットのすべてのフィルタと同様に

このフィルタにはプリセットが付属しており、フィルタを簡単かつ迅速に処理できます。

 

フィルタの使用方法

PowerDirector17上でこのフィルタを使う場合、

エフェクトルームからBCC Damaged TVを使用したい部分のタイムラインに挿入して使います。

 

このタイムライン上のエフェクトをダブルクリックすると

エフェクト設定画面からエフェクトを調整することができますが、まずはプリセットで近いイメージのものがないか探してみましょう!

 

BCC Damaged TV プリセットを適用してみる

 

BCC Damaged TVフィルターにはいくつかのプリセットが含まれていて

エフェクト設定画面の左下の項目から選ぶことができます。

 

デフォルト:

Help:

Offset Guns:

Side to Side:

Vertical Roll Distorted:

In and Out:

 

各種エフェクト設定値

 

シード:エフェクトのランダム率を調整する値

折れ点周波数:画面上の画像の位置をオフセットします。値が小さいほどオフセットが小さくなります

信号強度:TVアンテナ信号または受信の品質レベルを調整する値で小さいほどエフェクトが強い

最大信号閾値:最大画質

最小信号閾値:最小画質

コントロールタイプ:画像の損傷エフェクトに対する自動(スピードが自動で変化) or 手動の設定(スピードは手動設定)


 

ゆがんだ量:左右にゆがむ値を設定。100でゆがみなし、0に近くなるほど左にゆがみ、200に近くなるほど右にゆがむ

端部形状:ノイズ / 三角 / のこぎり

端部のギザギザ度:数値がおおきくなるほど細かくなる。


 

次まで劣化:劣化した時の画像色を[黒白]または[色かぶり]のオーバーレイに設定

劣化した量:数値が大きいほど色合いが強くなる。例えば黒白で200なら最初から最後までモノクロ

濃淡色:[色かぶり]時の色合いの設定


 

ノイズ量:上記画像のようなノイズ量の値。0でなし、200で最大ノイズ量

ノイズサイズ:ノイズの大きさを設定できる値。


 

走査線の厚み:水平走査線の太さを設定する値

走査線の平滑化:走査線のエッジの柔らかさを設定する値

走査線の間隔:各走査線の間隔を設定する値


 

垂直回転速度:垂直軸に沿って回転する画像の速度を制御します。

V回転オフセット:垂直軸に沿った画像のオフセットを制御する値


 

オリジナルでミックス:エフェクトを元のフィルタリングされていないクリップとブレンドする値。

※感覚でいうと透明度に近い。例えば0だとエフェクトが完全に適応され、200に近くなればなるほどエフェクトが弱くなります。

 

 

 

 

 

 

 

しゃれなトランジション演出

 

 

170個ほどの場面転換(トランジション)エフェクトがシンプルなものからオシャレで凝ったものまでありマス!

さらに拡大などの通常エフェクトと組み合わせれば、発想次第でさらに幅広く演出可能!

 

最近のトランジションの流行は緩急のついたアニメーションで

PowerDirector 17から緩急のあるおしゃれなトランジションが数多く増えました!

 

 

ーション補正付スローモーション化

 

PowerDirector 17では、動画速度を遅くしてスローモーションのように変更する時にコマ数を

少なくしたことによるカクつきを抑えるモーション補間技術機能がありマス!

 

さらに0.5~2倍速までであれば、音声ピッチを補完する機能もついており遅くしたり早くしたりすることによる

変なトーンの声になるのを防ぐことができます!

 

もちろんあえて変なピッチの声のまま残すのも演出上はアリ!

場面によってどちらでも選べるということが良い感じ!

 

 

字におしゃれなアニメーション!

 

タイトルルーム機能を使えば、細かく文字にアニメーションをつけることができます!

発想次第でテレビ番組などのテロップなども似せて作ることができます!

 

自分で作るのが苦手な人は、DirectorZoneというサイトでクリエイターの人が作ったデザインの文字をダウンロードするだけで使うこともできます!

僕も時々クリエイター側として作ってアップロードしたりしています!

 

々なフィルターをかけて場面にあった雰囲気を出せる!

 

動画や写真オブジェクトに付与できるフィルター効果を使えば

ガサガサな肌を美肌にごまかしたり、色合いや雰囲気を変えることができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-PowerDirector 17, FX~エフェクトあれこれ~

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.