FX / エフェクト効果

PD専用「BCC Damaged TV」エフェクトで古いアナログテレビ風に加工する方法

2018年10月16日

製品版PowerDirector Ultimate以上 + win版:PowerDirector 365以上に標準搭載
※過去バージョンでもグレード次第で搭載されている可能性が高いです

 

 

動画編集の演出において簡単に『古いアナログテレビ風』に加工するなら

PowerDirector (Ultimate以上)に搭載されている『BCC Damage TV』のエフェクトがおすすめです

 

 

公式サイトでPowerDirectorシリーズをお安く購入する方法はこちら

 

 

エフェクトってなんぞ?

動画編集においてのエフェクトというのは、視覚効果などを表します。

色調を変えて白黒にしたり光源を光らせて神秘的な視覚演出を行えたり、様々なエフェクトがあります

 

 

動画の入り等で使うと面白そうな演出ができるエフェクトです

ザザーっていうノイズ音と一緒に使うと雰囲気が出ていいですね!

 

 

 

BCC Damaged TV 概要

 

BCC Damage TV:エフェクトでは

 

『アンテナの信号が悪い』『ガンのオフセット』『歪みのあるエッジ』『垂直回転』『ノイズ』『走査線』などを

備えたCRTスタイルのテレビセットの外観をエミュレートするように設計されています

 

このエフェクトは、『全自動』または『手動』で動作します

 

 

エフェクトを自動モードとして使用すると

自動的に『垂直回転』『走査線』『ノイズ』等のパラメーターを出力します

 

フィルターは自動モードで使用されていますが

ユーザーはすべてのパラメーターから完全に制御することができます

 

他の『BCC系のサードパーティ製エフェクト』と同様に

このエフェクトにはプリセットが付属しており、エフェクトを簡単かつ迅速に処理できます

 

 

 

フィルタの使用方法

 

PowerDirectorでこのフィルタを使う場合は

 

『エフェクトルーム』→『サードパーティ』→『Boris FX stylize』から

『BCC Damage TV』を使用したい部分のタイムラインに挿入して使います

 

このタイムライン上のエフェクトをダブルクリックすると

エフェクト設定画面からエフェクトを調整することができますが

 

まずはプリセットから近いイメージのものがないか確認してみましょう

 

 

 

BCC Damaged TV プリセットを適用してみる

 

 

『BCC Damaged TV』エフェクトにはいくつかのプリセットが含まれていて

エフェクト設定画面の左下の項目から選ぶことができます

 

 

デフォルト:

 

Help:

 

Offset Guns:

 

Side to Side:

 

Vertical Roll Distorted:

 

In and Out:

 

 

 

各種エフェクト設定値

 

シード:エフェクトのランダム率を調整する値

折れ点周波数:画面上の画像の位置をオフセットします。値が小さいほどオフセットが小さくなります

信号強度:TVアンテナ信号または受信の品質レベルを調整する値で小さいほどエフェクトが強い

最大信号閾値:最大画質

最小信号閾値:最小画質

コントロールタイプ:画像の損傷エフェクトに対する自動(スピードが自動で変化) or 手動の設定(スピードは手動設定)

 


 

ゆがんだ量:左右にゆがむ値を設定。100でゆがみなし、0に近くなるほど左にゆがみ、200に近くなるほど右にゆがむ

端部形状:ノイズ / 三角 / のこぎり

端部のギザギザ度:数値がおおきくなるほど細かくなる

 


 

次まで劣化:劣化した時の画像色を[黒白]または[色かぶり]のオーバーレイに設定

劣化した量:数値が大きいほど色合いが強くなる。例えば黒白で200なら最初から最後までモノクロ

濃淡色:[色かぶり]時の色合いの設定

 


 

ノイズ量:上記画像のようなノイズ量の値。0でなし、200で最大ノイズ量

ノイズサイズ:ノイズの大きさを設定できる値

 


 

走査線の厚み:水平走査線の太さを設定する値

走査線の平滑化:走査線のエッジの柔らかさを設定する値

走査線の間隔:各走査線の間隔を設定する値

 


 

垂直回転速度:垂直軸に沿って回転する画像の速度を制御します

V回転オフセット:垂直軸に沿った画像のオフセットを制御する値

 


 

オリジナルでミックス:エフェクトを元のフィルタリングされていないクリップとブレンドする値。

※感覚でいうと透明度に近い。例えば0だとエフェクトが完全に適応され、200に近くなればなるほどエフェクトが弱くなります

 

 

 

イメージに近いプリセットを選んでから

これらのパラメータで微調整するのがおすすめです

 

 

 

 

 

総括:アナログテレビ風に加工するなら『BCC Damaged TV:ノイズエフェクト』がおすすめ

 

 

いかがでしたでしょうか

 

こういう古いノイズの混じったテレビ画面効果というのは

割とどの動画編集ソフトにも搭載されていることが多いですが

 

PowerDirectorは外部プラグインのエフェクトになっているので

設定項目が多く、より自分好みに設定できるという特徴があります

 

 

例えば、この『BCC Damage TV』のエフェクトであれば上のようなパラメータがいっぱいありますが

他の動画編集ソフトのエフェクトだと100~0のダイヤルパラメータしかついていなかったりします

 

それはそれで使いやすかったりはするのですが!

 

 

公式サイトでPowerDirectorシリーズをお安く購入する方法はこちら

 

 

それではお疲れ様でした!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-FX / エフェクト効果

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.