エフェクトルーム / 視覚効果演出

『BCC Film Grain』エフェクトでフィルムグレイン効果を施す動画編集方法|PD用

2022年7月26日


※エフェクトの性質上、低画質だとグレインノイズはわかりにくいため、右下の画質をHDに切り替えてご確認ください

製品版PowerDirector Ultimate以上 + win版:PowerDirector 365以上に標準搭載

 

 

 

『PowerDirector Ultimate~』『win版:PowerDirector 365』プラン以上に搭載されている

『BCC Film Grunge』エフェクトでは、映像にフィルム風のグレイン(粒子)加工を施すことが可能です。
※エフェクトルーム→サードパーティ

 

 

エフェクト:視覚効果について

動画編集においてのエフェクトというのは、視覚効果などを表します。色調を変えて白黒にしたり光源を光らせて神秘的な視覚演出を行えたり、様々なエフェクトがあります。

 

 

フィルムグレインは、古い映画フィルムの質感を演出したい場合に最適です。

過去の回想シーンやPVのワンシーンで使用したりするのが定番かなと思います。

 

 

 

BCC Film Grain 概要

 

 

BCC Film Grain:エフェクトは、

映画や写真フィルムのような質感を再現するグレイン(粒子)ノイズをシミュレートするように設計されています。

 

 

グレインノイズの注意点

注意点として、グレイン加工は細かいノイズのようなものなので、低画質(低ビットレート)だと綺麗なフィルムグレインにならない可能性があります。

Youtubeで使用する場合は予めアップロード、DVDに書き出す場合は仮出力してみたりしてノイズ具合をテスト確認しておいてください。

 

 

 

 

BCC Film Grain適用例:画像

 

 

映像素材にBCC Film Grainを適用するとフィルム質感のグレインノイズが施された映像に加工されます。

 

 

BCC Film Grain適用例:テキスト素材

 

 

少しわかりにくいですが、テキスト素材単体にもこの効果を適用することができます。

テキスト素材に『BCC Film Grain』を個別適用するとテキストのみにグレインノイズ加工を施すことができます。

 

 

 

使用方法|BCC Film Grainエフェクト

 

 

 

BCC Film GrainはPowerDirectorのエフェクトルームから使用することができます。

『エフェクトルーム』→『BCC Film Grain』をタイムラインのエフェクトトラック or 素材に挿入して使用します。
※このエフェクトは従来のPowerDirectorのエフェクトと同様に2つの使用方法があります。

 

 

2つの使用方法

・全体適用:エフェクトトラックに入れて画面全体にエフェクトを掛ける

・個別適用:テキストなどの素材に個別適用してその素材だけにエフェクトを掛ける

 

 

このエフェクトを画像や動画全体に掛けたい場合は、エフェクトトラックに挿入して使用

個別の素材だけに適用したい場合は、個別の素材に直接ドラッグして個別適用して使用します。

 

 

エフェクトトラックにBCC Film Grainを挿入した場合は、『修正』をクリックするとエフェクトの設定画面が開きます。
※素材に個別適用した場合は、素材を選択後→エフェクトをクリック

 

 

 

 

プリセット|BCC Film Grain

 

 

BCC Film Grainフィルターには7つのプリセットが含まれています。
※プリセットはエフェクトの設定画面左下の『デフォルト』をクリックすると切り替えられます

 

 

プリセット①デフォルト

 

 

プリセット②Colorful Grain Blue Tint

 

 

プリセット③Fine Grain

 

 

プリセット④Fine RGB Grain

 

 

プリセット⑤Medium Grain Mono Tint

 

 

プリセット⑥Heavy Grain Mono Tint

 

 

各種エフェクト設定値

 

 

エフェクトの設定画面から、各種パラメータを変更することでグレインノイズ具合を調整することが可能です。

各種パラメータはエフェクトの設定画面から調整可能です。
※エフェクトトラックに挿入したエフェクトは『修正』をクリック
※素材に個別適用した場合は、素材を選択後→エフェクトをクリック

 

 

 

 

主なパラメータ

赤(青、緑)の量:赤(青、緑)色のグレインノイズの量を設定する値です。値が大きいほどグレインノイズ量が増加します。

赤(青、緑)粒子サイズ:赤(青、緑)色のグレインノイズのサイズを設定する値です。値が大きいほどグレインノイズのサイズが大きくなります。

自動アニメーション:ONにするとグレインノイズのアニメーションが付属されます。OFFにするとノイズアニメーションがなくなり固定されます。

ランダムシード:エフェクトが使用する乱数ジェネレーター値を指定します。

モノクローム:ONにすると赤、青、緑のグレインノイズがグレースケール化されます。

 

 

基本的には赤、青、緑の量は同程度の値にして調整していくのがおすすめです。

 

細かくて滑らかなノイズグレインにしたい場合は

赤、青、緑のサイズを0に近い値にしてモノクロームをONにすることで滑らかなフィルムグレインノイズになるかと思います。
※ページ上部のDEMOだと量は各値が100でサイズが0で調整

 

 

総括:『BCC Film Grain』エフェクトで映像にグレイン加工を施す動画編集の方法|PD用

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-エフェクトルーム / 視覚効果演出

Copyright© お遊び動画編集部! , 2022 All Rights Reserved.