お遊び動画編集部!

PowerDirector 17を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

PowerDirector 17 FX~エフェクトあれこれ~

New Blue ソフトフォーカスならビデオ画像をぼかす加工演出ができます!

投稿日:

画像をぼかす演出は、いろんな使い方ができますよ!

例えば、見せたくない場面をがっつりぼかしてその場面を認識できないようにしたり

薄く霧がかかったようにぼかしたり、夢の中に入ったようなぼかしの方法まで様々!

 

 

New Blue ソフトフォーカス 概要

 

New Blue ソフトフォーカスはビデオ画像をぼかします。

使用方法は、コントロールを使用して、ぼかしの量を設定します。

また、クリア画像とぼかし画像のミックスを設定することもできます。

 

New Blue ソフトフォーカスは、NewBlue エッセンシャルエフェクト1に収録されています。

※エッセンシャルエフェクト1は、PowerDirector17であればどの製品にも含まれています。

 

 

エッセンシャルエフェクト 1

NewBlue エッセンシャルエフェクト 1 でビデオ制作がより価値のあるものに ! ベストセラーの 10 種類のビデオ編集プラグインで、低解像度ビデオのシャープネス。 異なるアスペクト比での切り取り、色の簡単補正などが可能になります。ビデオエッセンシャル 1 を利用することで、切り取り、色の補正、ソフトフォーカスなどプロライクのビデオ編集が行えます。

ご利用可能な製品: PowerDirector 11 以上
収録プラグイン名: Color Fixer Plus、境界線のクロップ、ディテールエンハンサー、フラッシュ除去、ピクセレーター、 シャープ、ソフトフォーカス、ティント、タッチアップ、ビデオ調整

出典:CyberLink Power Director 用アドオン New Blue エッセンシャルエフェクト1より

 

フィルタの使用方法

 

PowerDirector17上でこのフィルタを使う場合、

エフェクトルームからNew Blue ソフトフォーカスを使用したい部分のタイムラインに挿入して使います。

 

このタイムライン上のエフェクトをダブルクリックすると

エフェクト設定画面からエフェクトを調整することができます!

 

New Blue ソフトフォーカス プリセットを適用してみる

New Blue ソフトフォーカスには6つのプリセットが含まれているので、

まずはこの中からイメージに近いものを選ぶといいでしょう!

 

このフィルタは設定する項目が2つだけなのですごく簡単!

 

デフォルト:

 

 

かなりぼかしの強いプリセットになっています。

ほとんど元の画像が見て取れないので、これくらい強いぼかしになると場面転換や

マスクを使用して見せたいもの以外を隠すモザイクのような使い方になると思います。

例えば、TVのロケなどで、住宅地をぼかして隠したり、TVに映るペットボトルの銘柄をぼかして隠したりするのに使うレベルのぼかしです。

ぼかし:151 (0~200) ミックス:200 (0~200)

 

ぼかしバージョン:

 

デフォルトと同じ設定。

なぜデフォルトと同じ値のプリセットなのに存在するのか謎!

 

ドリーム:

 

 

少しまろやかなぼかしレベルのプリセットです。

プリセットの名の通り、「夢」のような場面を演出するのに向いています。

過去の回想などでも使えそうですね。

 

ぼかし:100 (0~200) ミックス:129 (0~200)

 

霧:

 

 

強いぼかしを薄くして最低限モノを認識できるレベルに調整されたプリセットです。

その名の通り、朝方の霧のような演出に向いています。

 

ぼかし:200 (0~200) ミックス:164 (0~200)

 

リセット:

 

 

値をリセットするプリセット。

これ、、、いる?笑

 

ぼかし:0 (0~200) ミックス:0 (0~200)

 

やわらかい:

 

 

全プリセットの中で一番弱いぼかしのプリセットです。

あまり違いがわからないくらい弱かったので、これだけGIF画像にしています。

少し、動画を柔らかくしたい時に使うような感じですね。

 

ぼかし:88 (0~200) ミックス:67 (0~200)

 

各種エフェクト設定値

 

ぼかし:ぼかしの幅を制御する値。200に近くなるほどぼかしが強くなります。

ミックス:ぼかしたイメージと元のオリジナルイメージのブレンドを設定する値。これは、ぼかしにある程度のシャープネスを追加するのに便利です。

※BCCのオリジナルとミックスと同じ設定項目ですが、0と200が逆。New Blueは200だとエフェクトが完全に適応され、0に近くなればなるほどエフェクトが弱くなります。

 

 

 

 

 

 

しゃれなトランジション演出

 

 

170個ほどの場面転換(トランジション)エフェクトがシンプルなものからオシャレで凝ったものまでありマス!

さらに拡大などの通常エフェクトと組み合わせれば、発想次第でさらに幅広く演出可能!

 

最近のトランジションの流行は緩急のついたアニメーションで

PowerDirector 17から緩急のあるおしゃれなトランジションが数多く増えました!

 

 

ーション補正付スローモーション化

 

PowerDirector 17では、動画速度を遅くしてスローモーションのように変更する時にコマ数を

少なくしたことによるカクつきを抑えるモーション補間技術機能がありマス!

 

さらに0.5~2倍速までであれば、音声ピッチを補完する機能もついており遅くしたり早くしたりすることによる

変なトーンの声になるのを防ぐことができます!

 

もちろんあえて変なピッチの声のまま残すのも演出上はアリ!

場面によってどちらでも選べるということが良い感じ!

 

 

字におしゃれなアニメーション!

 

タイトルルーム機能を使えば、細かく文字にアニメーションをつけることができます!

発想次第でテレビ番組などのテロップなども似せて作ることができます!

 

自分で作るのが苦手な人は、DirectorZoneというサイトでクリエイターの人が作ったデザインの文字をダウンロードするだけで使うこともできます!

僕も時々クリエイター側として作ってアップロードしたりしています!

 

々なフィルターをかけて場面にあった雰囲気を出せる!

 

動画や写真オブジェクトに付与できるフィルター効果を使えば

ガサガサな肌を美肌にごまかしたり、色合いや雰囲気を変えることができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-PowerDirector 17, FX~エフェクトあれこれ~

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.