トランジション / 場面転換効果

過去バージョンのPowerDirectorでも作成できる!VLOG風「ズームイン・アウト・トランジション」の設定方法

2019年8月17日

 

製品版PowerDirectorに対応

※キーフレーム機能とイージング機能が使えればどのバージョン、パッケージでもOKです

 

 

前回の記事で拡大だけの『ズームトランジション』を解説しましたが

 

今回は、ズームインとズームアウトをかけあわせた

ズームイン・アウト・トランジションの作成方法を説明します

 

 

前回の記事:VLOG風ズームトランジションをPowerDirectorで作成する方法

過去版でもOK!PowerDirectorで作成するVLOG風「ズームトランジション」の作成方法

 製品版PowerDirectorに対応 ※キーフレーム機能とイージング機能が使えればどのバージョン、パッケージでもOKです     ここでは、VLOG風のズームトランジシ ...

続きを見る

 

それっぽく仕上がればOKOK

 

 

 

今回はズームインだけでなく、イン(拡大)してからアウト(縮小)して元の1.0倍に戻るので

比較的使いやすいトランジション演出になると思います

 

 

 

 

『ズームイン・アウト・トランジション』の原理と作成方法

 

 

今回は過去バージョンのPowerDirectorでも作成できるように

キーフレーム機能だけを使って『ズームイン・アウト・トランジション』を作成します

 

 

『ズームイン・アウト・トランジション』では

2つの映像(A+B)をつなげる際に

 

Aの映像では3倍ほどのサイズに拡大します

 

 

対してBの映像では3倍から通常サイズ(1.0倍)に戻るようにキーフレームを設定します

 

 

 

こうすることで『トランジション』を使わずに

キーフレーム機能だけを使って力技でズームイン・アウト・トランジションを作成することができます

 

 

 

 

映像素材(A):キーフレームの設定方法

 

 

まず2つの映像素材をタイムラインに並べます

そして前方に配置してある動画素材(A)を選択し『キーフレームの設定』画面を開きます

 

 

 

 

 

 

次に一番後ろに『赤いタイムラインバー』を移動させて

『高さ/幅』の◇マークをクリックしてキーフレームを作成します

 

 

 

 

そして同じ要領でおよそ0.5秒前に『赤のタイムラインバー』を移動させて

新しいキーフレームを打ちます

 

 

 

 

そしてそれぞれのキーフレームに『高さ/幅』のパラメータと『イージング』を設定します

 

 

 

実際の数値:キーフレーム1個目

幅:1.0

縦横比を維持:

イーズイン:なし

イーズアウト:✓ 1.0

 

実際の数値:キーフレーム2個目

幅:3.0

縦横比を維持:

イーズイン:なし

イーズアウト:なし

 

 

1つ目のキーフレームでは通常のサイズ倍率(1.0)に設定し

2つ目のキーフレームに向かって大きいサイズ倍率(3.0倍)にズームインしていくようにキーフレーム設定をします

※イーズインとイーズアウトについては、上の数値を参考にして数値を入れてください

 

 

この時の注意点としては、1つ目のキーフレームにはイーズアウトの緩急(1.0)をつけていますが

2個目のキーフレームにはイーズインをつけないようにすることです

 

 

 

それでは後方の動画部分のキーフレームを設定します

 

 

 

映像素材(B):キーフレームの設定方法

 

 

次に、先程Aの素材で設定したズームインの動きとは対象的に

ズームした状態からズームアウトしていく動きを作成します

 

後方に配置してある動画素材(B)を選択し『キーフレームの設定』画面を開きます

 

 

 

Bの映像素材は、Aの素材と異なり映像の始まり部分にキーフレームを設定します

まずは、『赤いタイムラインバー』を一番左に移動させてキーフレームを打ちます

 

 

 

 

そして、同じ要領でおよそ1.0秒後に2つ目のキーフレームを打ちます

 

 

 

 

 

あとはそれぞれのキーフレームに『高さ/幅』のパラメータと『イージング』を設定します

 

 

実際の数値:後方キーフレーム1個目

高さx幅:3.0

縦横比を維持:

イーズイン:なし

イーズアウト:なし

 

実際の数値:後方キーフレーム2個目

高さx幅:1.0

縦横比を維持:

イーズイン:✓ 1.0

イーズアウト:なし

 

 

ここらへんのキーフレームパラメータの設定の仕方は動画素材(A)と同じ要領でOKなので

とりあえず数値を入れたら完成です

 

 

この『ズームイン・アウト・トランジション』を作成する際のキーフレーム設定で大事なのは

ズームインする動き(A素材)に対してズームアウトの動き(B素材)に違和感がないかということになります

※ゆえにAとBの映像素材のつなぎ目(のキーフレーム)には、イーズインとイーズアウトを設定してはいけません

 

 

 

 

ただ、映像素材(B)の2個目のキーフレームがズームの最終地点となりますので、

最終的に落ち着かせたい倍率(ここでは1.0)を設定し、必ずイーズインを設定しておいてください

 

 

 

よろしければこちらも・・・『ズームアニメーションの動画解説』

 

 

 

この動画はこの記事の内容+αの内容になっています

 

 

 

 

総括:過去バージョンのPowerDirectorでも作成できる!『ズームイン・アウト・トランジション』

 

 

いかがでしたでしょうか

 

こちらもやや力技ではありますが

緩急のついた『ズームイン・アウト・トランジション』を仕上げることが出来たと思います

 

 

公式サイトでPowerDirectorシリーズをお安く購入する方法はこちら

 

 

それではお疲れ様でした!

 

 

 

Thank you for request by Sato

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-トランジション / 場面転換効果

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.