お遊び動画編集部!

PowerDirector 17を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

PowerDirector 17 トランジションルーム

拡大/縮小トランジションを使って、よりオシャレなズームアウトトランジションに調整する!

投稿日:

 

 

前回は、ズーム(拡大)だけのズームトランジションでしたが

今回は、ズームとアウトをあわせたズームアウトトランジションの調整方法を説明してまいりたいと思います。

 

それっぽく仕上げるのが目的!

 

 

DEMO

 

 

※右下のSDをHDに変えると高画質になりマス!

 

 

今回はズームだけでなく、ズーム(拡大)してからのアウト(縮小)して元の1.0倍に戻るので

比較的使いやすいトランジションになると思います。

 

デフォルトで存在している【拡大/縮小】トランジションに加えて

キーフレームで拡大と縮小を行い、元のトランジションにはない緩急をつけてオシャレに仕上げます。

 

 

ズームアウトトランジションの仕上げ方

 

 

今回はデフォルトで入っているトランジション、【拡大/縮小】を使いたいと思います。

そしてつなげる前後の動画にもキーフレームで拡大と縮小を補填して緩急をつけます。

 

 

まずは、イメージ図をご覧ください。

 

 

 

 

ざっくり言うとこんな感じのイメージになります。

 

 

 

ちょっとややこしいですね

 

 

 

とりあえずまずは、つなげたい動画と動画の部分に

【拡大/縮小】トランジションを<オーバーラップ>で0.15秒程度で設定してください。

 

 

そのあとで、キーフレームを前後の動画に追加して

緩急をつけるための拡大と縮小を設定していきます。

 

 

 

キーフレームの設定方法

 

 

まず前方の動画部分のキーフレームを見てください。

 

 

 

 

クリップの属性から、オブジェクトの大きさを変える項目にキーフレームが3つ入っているのがわかると思います。

 

なぜキーフレームを3つにしているのかというと、

キーフレームが2つの時よりも強く緩急をつけることができるからです。

 

大体感覚的に、1個目のキーフレームは、【拡大/縮小】トランジションが開始されるよりも前の方のコマで設定しておいて

2個目のキーフレームが【拡大/縮小】トランジションが開始される位置に設定します。

 

で、3個目が動画の最終地点ですね。

 

 

実際の数値:キーフレーム1個目

高さx幅:1.0

縦横比を維持:✓

イーズイン:

イーズアウト:✓ 1.0

 

実際の数値:キーフレーム2個目

高さx幅:1.1

縦横比を維持:✓

イーズイン:

イーズアウト:

 

実際の数値:キーフレーム3個目

高さx幅:3.0

縦横比を維持:✓

イーズイン:

イーズアウト:

 

1個目と2個目は0.1しか拡大率があがっていませんが

 

2個目と3個目は2.9あがっていますので、序盤はゆるやかにズームさせて

【拡大/縮小】トランジションが始まったら一気に加速してズームするといった感じになります。

 

またこのズームの動きは、3個目のキーフレームの3.0倍で止まらずに

後半の動画に縮小の動きを継承させるので、3個目にイーズインは絶対につけないようにしてください。

 

それでは後方の動画部分のキーフレームを見てみましょう。

 

 

 

後方も同じようにキーフレームを3個にしています。

 

感覚的に、2個目のキーフレームは、【拡大/縮小】トランジションが終了する位置に設定しておいて

余韻の縮小の動き分を3個目のキーフレームで実装しているという感じになります。

 

 

実際の数値:後方キーフレーム1個目

高さx幅:3.0

縦横比を維持:✓

イーズイン:

イーズアウト:

 

実際の数値:後方キーフレーム2個目

高さx幅:1.2

縦横比を維持:✓

イーズイン:

イーズアウト:

 

実際の数値:後方キーフレーム3個目

高さx幅:1.0

縦横比を維持:✓

イーズイン:✓ 1.0

イーズアウト:

 

 

前方3個目と後方1個目のキーフレームは動画のつなぎ目なのでキーフレームの値は全く同じにしています。

 

 

前方の動画は主に拡大の動きがメインで、1.0から3.0までの拡大で終了させます

後方の動画は逆に縮小して元のサイズに戻すので、3.0から始まり1.0に縮小させてズームアウトトランジションの動きは終了という感じになります。

 

緩急の大きな要因であるイーズインとイーズアウトは

動きの始まり部分と終了部分の2箇所だけに設定しておくと良いと思います!

 

始まり部分にイーズアウト

終わり部分にイーズイン

 

という感じです!

 

 

あと【拡大/縮小】トランジションの間だけエフェクトの【ディレイ】などをかけると上のDEMOみたいに

モーションブラーがかかって少しまたオシャレに仕上げることができます。

 

 

というわけでお疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

しゃれなトランジション演出

 

 

170個ほどの場面転換(トランジション)エフェクトがシンプルなものからオシャレで凝ったものまでありマス!

さらに拡大などの通常エフェクトと組み合わせれば、発想次第でさらに幅広く演出可能!

 

最近のトランジションの流行は緩急のついたアニメーションで

PowerDirector 17から緩急のあるおしゃれなトランジションが数多く増えました!

 

 

ーション補正付スローモーション化

 

PowerDirector 17では、動画速度を遅くしてスローモーションのように変更する時にコマ数を

少なくしたことによるカクつきを抑えるモーション補間技術機能がありマス!

 

さらに0.5~2倍速までであれば、音声ピッチを補完する機能もついており遅くしたり早くしたりすることによる

変なトーンの声になるのを防ぐことができます!

 

もちろんあえて変なピッチの声のまま残すのも演出上はアリ!

場面によってどちらでも選べるということが良い感じ!

 

 

字におしゃれなアニメーション!

 

タイトルルーム機能を使えば、細かく文字にアニメーションをつけることができます!

発想次第でテレビ番組などのテロップなども似せて作ることができます!

 

自分で作るのが苦手な人は、DirectorZoneというサイトでクリエイターの人が作ったデザインの文字をダウンロードするだけで使うこともできます!

僕も時々クリエイター側として作ってアップロードしたりしています!

 

々なフィルターをかけて場面にあった雰囲気を出せる!

 

動画や写真オブジェクトに付与できるフィルター効果を使えば

ガサガサな肌を美肌にごまかしたり、色合いや雰囲気を変えることができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-PowerDirector 17, トランジションルーム

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.