機材

音声比較2021年版|ゲーム実況におすすめ!ノイズが少なくて高音質なコンデンサーマイク4選

2019年9月17日

 

音質の良いマイクの種類

 

・USB接続型コンデンサーマイク

・オーディオインターフェース+コンデンサーマイク

・(+オプション:ポップガード)

 

 

 

 

 

ゲーム実況やレコーディングにおすすめなマイクの種類

 

 

 

 

この記事ではPCによる実況動画や配信などで使うマイクについて説明いたします

 

主に屋内で使用することが前提とした場合に人気なのが

『コンデンサーマイク』と呼ばれるマイクです

 

 

コンデンサーマイクってなんぞ?

カラオケなどでよく目にする『ダイナミックマイク』とは形状も性質も異なるマイク

振動や湿気に弱いが高感度で録音可能なので主に屋内向けとされています

 

 

この『コンデンサーマイク』は屋内で使用するのに特に人気なので

ゲーム実況や配信などに適しています

 

そしてPCを使って個人で声を収録する際に使用する

『コンデンサーマイク』というのは大まかに2種類にわけられます

 

 

2種類のコンデンサーマイク

  • USB接続型のコンデンサーマイク
  • オーディオインターフェースを使ったコンデンサーマイク

 

 

 

USB接続型のコンデンサーマイク

 

 

『USB接続型のコンデンサーマイク』というのは

オーディオインターフェース要らずでPCに直接つなぐタイプのお手軽なUSBマイクになります

 

お値段的には 3000円~1万円強 程度といったところで非常にリーズナブルです

 

PCに接続するだけで使えるので、他に用意するものもほとんどなく

このマイクさえ購入してしまえばすぐに使えるお手軽さが大きなメリットです

 

 

ただし、USBに接続している時点でPCノイズが少なからず入ってしまいますので

完全にノイズをシャットアウトするのは難しいのが難点です

※ピンク色のマイク入力端子のマイクよりはノイズは圧倒的に少ない

 

 

 

そしてここで一つ注意点なのですが

USB接続型のコンデンサーマイクはオーディオインターフェースに接続できません

 

 

なのでたとえ1万円を超える割と高価なUSBコンデンサーマイクを持っていたとしても

 

オーディオインターフェースを使う際には

今まで使っていたUSBコンデンサーマイクは不要になってしまうという点にご注意ください

 

 

 

オーディオインターフェースとつなげて使うコンデンサーマイク

 

 

『歌ってみた!』や初めから本格的な録音をしたい方

『オーディオインターフェース』+ 『コンデンサーマイク』という収録環境にすることをおすすめします

 

予算はピンきりですが

僕は比較的安めのものを選んで合計34000円位かかりました

 

本当はUSBマイクを先に買っちゃったから5万くらい行っちゃった・・・

 

ただし、予算がかかる分

USB接続型のマイクとは比べ物にならないくらい音質が良いです

 

 

というかPCノイズがほぼほぼ0なので、周りの家庭音さえ気をつけておけば

ものすごくクリアな音質をレコーディングできるのが特徴です

※録音時は空調(クーラー)等は切ると良きです!

 

 

というのは、オーディオインターフェースを使うと

 

アナログ音とデジタル音の変換能力が飛躍的に上がるので

シンプルに音質がよくなり、パソコン特有のノイズが入らなくなるからです

 

 

アナログ音とデジタル音の変換能力って?

PCというのは、そもそもアナログ音とデジタル音の変換能力がそこまで高くなくて

『まー声として聞き取れればいいや』くらいの設計になっています

だからUSB接続型のマイクだとPCに変換させることになり音質に限界が生じるのです。←設計上の限界がある

そこで、PCとマイクの間に『音の変換能力に優れたオーディオインターフェース』を挟むことにより

デジタル音に変換されたデータがPCに送られてクリアに収録できるというわけです

 

 

ただし、用意するものが結構多いのがネックです

 

例えばマイクとオーディオインターフェースだけでいけるかというと

実はそうでもなくて

 

  • マイクスタンド
  • マイクケーブル

 

を別途用意しなければならなかったりします

 

 

僕はこれを知ったときに、嘘だろ!?と思いました

 

 

この気持ちを例えるなら

 

 

パソコンのモニター買ったらケーブルモニタースタンドが付属してなかった

くらい不親切じゃねーか!

 

 

って思いました

 

 

まー今思うと、収録環境によって選ぶケーブルもスタンドも全然違うから仕方ないのかなーとは思います

 

 

 

単品で使える!USB接続型のコンデンサーマイク3選

 

 

というわけでまずは、比較的リーズナブルに音の収録ができる

USB接続型のコンデンサーマイクを紹介いたします。

 

 

ソニー:ECM-PCV80U

 

これは家電屋さんなどのPCマイクコーナーで3000円前後で売られている

特にリーズナブルで人気の高いマイクです

 

アマゾンのレビューも1000件を超えているッ!

 

USB接続ですが、マイクとPCの間にオーディオボックスと呼ばれる機器を挟んでおり、
形式的には、オーディオインターフェースを使っての録音環境と似ているような感じがします。

※音質がそれに近いわけではありません!

 

SAMPLE

 

メーカー Sony
指向特性 単一指向性 ※要は1方向のみということで一人向けということ
周波数特性 80-15,000Hz
形式 コンデンサー
ざっくりアマゾン価格 ¥3,473(税込)

Amazonで購入

 

 

 

AverMedia:AM310

 

私がECM-PCV80Uの次に買ったマイクがコレです。

家電屋さんで買いましたが、ノイズがかなり少なくなりめちゃくちゃテンションが上がりました!

 

ただこれでもナレーションなどの仕事をするには少し音質が気になる感じです

周波数特性的には変わりないのに、なぜ音質に少し差が出るのか聴き比べて見たところ

 

このマイクは、単一指向性ではあるのですが、少し周りの音を拾う力が強いようです

なので、部屋の中で反響した声が少しだけ入りやすいのかなと感じました

 

といいつつ、ほんの小さな差なので

ナレーションなどの仕事をしないのであればこれくらいの音質で全然だいじょうぶ!

 

全然きれいだよ!

 

SAMPLE

 

メーカー AverMedia
指向特性 単一指向性
周波数特性 20 – 20,000 Hz
形式 コンデンサー
ざっくりアマゾン価格 ¥12,960(税込)

Amazonで購入

 

 

 

Audio Technica:AT2020USB+

 

AM310とほぼ同等クラスかなと個人的に思っているのがこの

大手のAudio-Technica AT2020USB+ですね。

 

ただ、僕はこのマイクを実際に持っているわけではないので、

実際にレビューをしているわけではありません。

 

メーカー Audio-Technica
指向特性 単一指向性
周波数特性 20 – 20,000 Hz
形式 バックエレクトレット・コンデンサー型
ざっくりアマゾン価格 ¥16,500(税込)

Amazonで購入

SoundHouseで購入

 

 

 

高音質、ノイズなしの本格派オーディオインターフェース+コンデンサーマイクのおすすめはこれ!

 

 

 

次に僕が普段使っている

おすすめの『オーディオインターフェース』+『コンデンサーマイク』をご紹介いたします

 

サンプル音声は以下をご確認ください

 

 

SAMPLE1:ゲーム実況

※右下の音声ボリュームをクリックすると音が流れます

 

 

録音環境

タイトル:バイオハザード8 PC体験版

録画ソフト:ShadowPlay (ゲーム音の周波数 / 48,000Hz)

音声録音ソフト:Windows ボイスレコーダー (マイク音の周波数 / 48,000Hz)

動画元:こちら

 

 

 

SAMPLE 2:朗読

地下本屋satiexitチャンネル:ヒコビッチショートショートエッセイ集『ハニートリップ』春のweb朗読会企画

 

 

 

これは僕のチャンネルではないのですが

地下本屋satiexit様より朗読の依頼をしていただいた朗読動画になります

 

 

オーディオインターフェースとコンデンサーマイクの録音環境なので

格段にノイズが少なくて綺麗に録音できているのがわかると思います

 

 

 

 

オーディオインターフェース:Focusrite Scarlett solo 3rd Gen

 

USB接続ではないコンデンサーマイクを使用するには

それを繋げる『オーディオインターフェース』が必要になります。

 

配信や実況など、一人でする分にはこういう一人向けのオーディオインターフェースがいいかと思います。

 

solo(ぼっち)と書かれているので、繋げられる機器は少ないですが、かなり高音質でございます。

 

 

このオーディオインターフェースにはファンタム電源がついています(48V)ので、

この電圧に対応してあるコンデンサーマイクを接続して使用することができます。

※コンデンサーマイクを接続して使うにはファンタム電源のついたオーディオインターフェースが必要

 

メーカー Focusrite
対応サンプルレート 44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz
入出力 マイク入力:1、ライン/楽器入力:1、メインアウト(フォン):2 ※ステレオ1系統、ヘッドフォンアウト
対応OS Mac OS10.12以降
Windows 10以降
ざっくりアマゾン価格 ¥13,200(税込)

Amazonで購入

SoundHouseで購入

 

 

 

Audio-Technica:AT2035

 

僕が今使っているショックマウント付きのマイクです

 

目新しいマイクではありませんが、長年使われている性能の良いマイクです

なにより、正面以外のサイドやリアの音をあまり拾わないので、正面の音だけをキレイに拾ってくれます

 

ただし、これは本当にマイク+ショックマウントしかついていないので、

オーディオインターフェースとつなげるキャノンケーブルとマイクを固定するスタンドなどが必要になります

 

 

メーカー Audio-Technica
指向特性 単一指向性
周波数特性 20 – 20,000 Hz
形式 バックエレクトレット・コンデンサー型
ざっくりアマゾン価格 ¥16,280(税込)

Amazonで購入

SoundHouseで購入

 

 

 

一緒に買いたいオススメのマイクケーブル

 

XLRのオスメスのマイクケーブルであれば

『マイク』と『オーディオインターフェース』を繋げられます

 

CANARE ( カナレ ) / EC015B BLACK

プラグ形状:XLRオス ー XLRメス

長さ:1.5m 3m 5m

※長さに関してはリンク先でご確認ください

Amazonで購入

SoundHouseで購入

 

 

一緒に買いたいオススメのマイクアーム

 

テーブルをお使いの方はテーブルに設置できるタイプの

デスクアームタイプがおすすめです

 

RODE ( ロード ) / PSA1 Studio Arm

デスクアームタイプ

適合荷重:0.7-1.1kg

アーム長さ:各45cm

SoundHouseで購入

 

 

 

ノイズを少なくするならポップガードは持っておくべき!

 

『ポップガード』というのは、マイクに口を近づけて喋った場合にはいる

ポップ音(※主にパ行を発音時に発生)を防いでくれるスグレモノです。

 

 

ポップ音って?

主にパ行を発音したときにでる『息の吹きかかり』がマイクに当たることで生じる不快な音です

はっきりいってブレス音よりも遥かに不快なのが特徴です

 

この口から出る空気を防いでくれるのがポップガードというわけです

 

ノイズを少なくして音声を取りたい場合

どうしてもコンデンサーマイクにある程度口を近づけてしゃべる必要があるのですが

※<声量>と<口とマイクの距離>はバランスが大事です、近すぎず遠すぎず、小さすぎず大きすぎずが大事です

 

その場合パ行などの音を出すときにポップ音がどうしても入りやすくなってしまいますので必ず必要です

 

不特定多数の人に声を聞かれるのなら必須なアイテムです。

「なくてもいいか」は絶対に駄目!

 

 

ポップガードの使い方

 

 

ポップガードは、マイクと口の間に挟むように設置すればOKです。

ポップガードは布製と金属製がありますが

 

 

布製は、声量や高域の音も弱くしてしまうらしく、クリアな感じが弱くなってしまうそうです。

 

 

なので、できれば金属製がいいんじゃないかなと思っています

 

 

AMAZONで売れてる(高評価レビューの多い)ポップガード

 

 

記載時の価格になりますが

Amazonで売られているポップガードについてまとめています

※価格は日々変動するものと思ってくださいませ

 

 

 

Dicon Audio

DCP-2

STEDMAN

Proscreen XL

K&M

ポップガード 【23956】

NEEWER

マスクシールド

STEDMAN

Proscreen 101

金属製 金属製 布製 布製 金属製
¥1,813(税込) ¥7,280(税込) ¥2,547(税込) ¥1,649(税込) ¥6,300(税込)

Amazon

Amazon

Amazon

Amazon

Amazon

 

 

 

 

 

 

ゲーム実況マイク Q & A

 

 

 

マイクの位置はどこがいいの?

 

 

単一指向性か無指向性かで変わります

 

主に1人で使用する場合は単一指向性が向いていますが

その場合は口元にそれなりに近い位置で(ポップガード必須)マイク位置を設定するのがベストです

 

マイクから口元が遠いと、環境音から発生する微弱なノイズに対して音声が小さくなりますので

ノイズが目立ってしまうためです

 

微弱なノイズに対して収録した音声がそれなりに大きければノイズはほとんど目立ちません

 

PCでコンデンサーマイクを使用する場合は、机などの環境にもよりますが

マイクアームが使いやすいかなと思います

 

 

オススメのマイクアーム

 

テーブルをお使いの方はテーブルに設置できるタイプの

デスクアームタイプがおすすめです

 

RODE ( ロード ) / PSA1 Studio Arm

デスクアームタイプ

適合荷重:0.7-1.1kg

アーム長さ:各45cm

SoundHouseで購入

 

 

 

 

逆に机においてマイクを使用したい場合は

通常のマイクスタンドを使われるのがいいかなと思います

 

 

 

オススメの卓上マイクスタンド

 

マイクアームよりもリーズナブルに使いたい場合は

少し口を近づけて話す必要がありますがマイクスタンドがオススメです

 

K&M ( ケーアンドエム ) / 23325

デスクトップスタンド

高さ:217/347mm

重量:2.56kg

SoundHouseで購入

 

 

 

歌ってみた!がしたい場合に最低限必須なもの

 

僕自身、本格的にやっているわけではありませんが

 

『オーディオインターフェース』+『マイク』+『ポップガード』

最低限必須になるのではないかと思います

 

 

歌ってみた!がしたい場合にできれば必要なもの:モニターヘッドホン

 

 

さらに欲を言えば、マイクに入力した音を原音のまま聞くため

モニターヘッドホンというのも用意したほうがいいかなと思います

 

モニターヘッドホンってなんぞ?

原音を忠実に再現できる検聴用のヘッドホンのことです

 

なぜ、検聴用のヘッドホンが必要なのかと言うと

 

例えば通常のヘッドフォンを使用して歌を録音した場合

ヘッドフォンから聞こえる自分の声というのは高域がカットされ低音が強調された音になったりするので

高域の声が変なことになっていても気づけない可能性が高いためです

※リーズナブルなヘッドフォンで重低音を強調!みたいなことが書かれたモデル等

 

僕ははじめ安物のイヤフォンと安物のヘッドフォンを使って

歌ってみたの録音をしてみたことがあるのですが

 

どちらを使っても自分の音程に違和感があることに気づきまして

正確に自分の音程を聞き取れなかったのです

 

特に安物のヘッドフォンを使用した録音音声がやばくて

安物のヘッドフォンで自分の声を聞きながら録音→安物のイヤフォンに変えて聞いたら

ヘッドフォンで聞こえてなかった高域が飛散なことになっていて、とても聞けたものではなかったです

 

その環境だとあまりに難易度が高かったので素直に僕は買いました、モニターヘッドフォンを

 

メーカー / 名称 Audio-Technica / ATH-M40x
ブラック
波形率 密閉型
コネクタ 1/4-インチ, 3.5mm
ざっくりアマゾン価格 ¥11,880(税込)

Amazonで購入

 

 

コレに変えてから自分の音程が抜群に聞き取りやすくなったのでおすすめです

 

通常使用でも音質がかなり自然で良き!

 

 

ちょうどバケツを被って歌を歌うと音痴が治る、みたいなアレに近いと思います

自分の声が加工されない状態でダイレクトに耳に届く感じなので

音程を取る力も養えるのではないかなと思います

 

 

 

機材×歌ってみたSAMPLE

 

・Focusrite Scarlett solo 3rd Gen:オーディオインターフェース

・Audio-Technica|AT2035:マイク

・Dicon Audio:ポップガード

・ATH-M40x:モニターヘッドホン

・Studio One 5:DTMソフト

 

 

 

マイク2本でレコーディングしたい場合はどうするの?

 

2人やそれ以上の複数人でマイク2本を使ってレコーディングしたい場合は、

マイク入力端子が2つ以上ある『オーディオインターフェース』を選ぶと良いです。

 

例えば先ほどご紹介した『Focusrite Scarlett』で複数のマイク入力端子があるものを選んだりして

マイクを2本用意すれば大丈夫です

 

 

Focusrite Scarlett 2i2 3rd Gen オーディオインターフェイス

 

 

 

メーカー Focusrite
対応サンプルレート 44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz
入出力 コンボジャック(マイク/楽器/ライン入力:2、メインアウト(フォン):2

※ステレオ1系統、ヘッドフォンアウト

対応OS Mac OS10.12以降
Windows 10以降
ざっくりアマゾン価格 ¥18,900(税込)

Amazonで購入

SoundHouseで購入


 

 

PS4やXbox、Switch、Wii Uなどの家庭用ゲーム機で録音するには?

 

PS4、Xbox、Switch、Wii Uなどの家庭用ゲーム機をマイク音声を入れながら録画したい場合は

『ビデオキャプチャー』で録画する、というのが一般的です。

※Switch Liteなど特定のゲーム機ではビデオキャプチャーが使えないモノもあります。

 

 

 

PCを使用しないビデオキャプチャの場合

 

 

ビデオキャプチャの中には『PC』を使わずに

『ゲーム機』『TV』の間につなげて録画できる『ビデオキャプチャー』があります。

 

 

これはモノによっては『マイク付きのヘッドセット』をビデオキャプチャにつなげて

音声を撮りながらゲーム画面を録画できたりします。

 

 

あまり音質がよくないことが予想される(&そういった類のレビューもちらほら見受けられます)ので

その点はご注意ください。

 

 

PCを使用するビデオキャプチャの場合

 

 

ビデオキャプチャー本体で録画するのではなく

 

『ゲーム機』と『PC』を『ビデオキャプチャ』でつなげて

PC上で録画(ソフトエンコード)を行うことができるビデオキャプチャの場合

 

 

PCにつなげたマイクで録音することができますので

オーディオインターフェースを使って高音質で録画することもできますし

リーズナブルなUSB接続型のコンデンサーマイクを使って録画することもできます。

 

 

要はPCにマイクをつなげて使用できますので

比較的自由に録音環境を整えることができます。

 

 

 

 

まとめ:PC実況マイクおすすめ特集〜ノイズが少ないマイクを探せ〜

 

 

というわけで

屋内で使用することを想定した実況や配信などをしたい場合は『コンデンサーマイク』がオススメ

 

リーズナブルに声を収録したいなら『USB接続型のコンデンサーマイク』

音質にこだわりたいなら『オーディオインターフェース+コンデンサーマイク』

 

がオススメ!という感じです。

 

どちらにせよ『コンデンサーマイク』を使用する場合は

『ポップガード』も合わせて用意していただけますと後々後悔することはないかなと思います

 

安いのでもいいのでポップガードは絶対に用意するんだァー!ギャーギャー!

 

 

 

以上でマイクのお話は終わりでございます!

ここまでお読みいただきありがとうございましたー!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-機材

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.