機材

2021年版:動画編集におすすめのノートパソコン6選!高いスペックでコスパが良いモデルを探した結果・・・

2020年8月20日

 

 

 

このページではカジュアルな動画編集から

上級者向けの動画編集に耐えられるノートパソコンを紹介しています

 

 

できるだけスペックと値段とのバランスが良い

コスパの良いモデルのノートパソコンを紹介したいと思っています

 

(コスパの良いモデルのノートパソコンを紹介したい)

 

 

 

 

 

動画編集に必要なノートパソコンのスペック

 

 

基本的に動画編集に必要な一番重要なスペックというのは

 

  • CPU
  • メモリ

 

になり、これにそこそこのGPU(ハイスペックである必要はありません)があれば

Adobeのようなプロ向けの動画編集ソフトにも耐えられるスペックになります

 

CPUとメモリの性能は高ければ高いほど、動画編集において大きな恩恵を受けることができますが

GPUは標準レベルのもので十分でございます

 

これらCPU、メモリ、GPUの型番の見方については以下のページをご覧ください

 

【2021年版】動画編集もできる!ゲーム実況にオススメのBTOパソコン6選

        この記事ではゲーム実況と動画編集の両方をそつなくこなせるパソコンの選び方や おすすめのBTOパソコンを紹介します     現 ...

続きを見る

 

 

例えば動画編集だけでなく、ゲームなどもそつなくしたいということであれば、

自分がやりたいゲームに合わせてGPUを積むのがおすすめですが

 

動画編集をメインに行うのであれば

その使用ソフトの推奨スペックを押さえられる程度のGPUで基本的にOKだと思います

 

 

というわけで

突然ですがある動画編集ソフトのスペック表を見ていただきたくと思います

 

 

最小仕様 推奨仕様
CPU Intel 第6世代以降 CPU または同等の AMD製CPU Intel 第7世代以降 CPU または同等の AMD製CPU
RAM 8 GBのRAM(メモリ) ・HD動画の場合は 16GBのRAM

・4K動画の場合は 32GBのRAM

GPU 2GB の GPU VRAM(ビデオメモリ) 4 GB の GPU VRAM(ビデオメモリ)

 

 

これはAdobe Premiere ProのPCスペックだけを抜き出したスペック表になりますが

 

 

このスペックを参考にさせていただいて、あとは僕のほうでちょちょっと色を付けて

最低(でも)防衛(押さえておきたい)ライン(ライン)を作成します

 

 

動画編集ノートパソコン最低防衛ラインスペック

 

 

Adobe Premier Proの推奨スペックを参考にさせていただいて

 

  • CPUはIntel製ならi5シリーズ、AMD製ならRyzen 5シリーズ以上
  • メモリは8GB以上
  • ビデオメモリは4GB以上

 

このスペックを満たしているものでコスパの良いモデルを紹介したいと思います

 

 

 

 

僕が欲しい!コスパで選ぶ動画編集におすすめのノートパソコン

 

 

では、動画編集という点において

一番コスパがいいなと思ったノートパソコンを紹介したいと思います

 

 

2021年5月発売最良コスパモデル!ASUS STORE:『ASUS TUF Gaming F15 FX506HC』

 

ASUS STORE:TUF Gaming F15 FX506HC / スペック
OS  Windows 10 Home
CPU インテル® Core™ i7-11800H
グラフィックボード GeForce RTX™ 3050 4GB
メモリRAM 16GB
ストレージ 512GB SSD
価格 149,800円(税込)

 

 

ASUS STOREから2021年6月25日に販売されたこのモデルが

かなりコスパがいいなと感じました

 

15万円クラスのノートパソコンでCPUが最新第11世代Intel Core i7シリーズを搭載

GPUに置いても最新世代のGTX 3050 4GBという非常に安定感があるスペックだと思います

 

 

またモニターのリフレッシュレートが144Hzなので反応速度が必要なFPS等の3Dゲームも十分にできると思います

 

 

ASUS公式オンラインストアで購入する
icon

 

 

ゲーム実況動画+動画編集におすすめなノートパソコン

 

 

 

つぎに動画編集だけでなく

3DのPCゲームもできるゲーミングノートパソコンを紹介します

 

 

ノートパソコンでPCゲームをすることを前提とした注目ポイントは以下です

 

・CPU

・GPU

・メモリ

・画面のリフレッシュレート

 

この中で特に見落としがちなのが画面のリフレッシュレート(Hz)

リフレッシュレート(Hz)の数値が高いほど画面がなめらかに表示されますので

 

ゲームをする前提であれば120Hz以上が望ましいです

 

 

 

最新GPU搭載モデルでゲーミングとしても高性能!ASUS STORE:『ROG Zephyrus G15 GA503QM』

 

ASUS:ROG Zephyrus G15 GA503QM / スペック
OS  Windows 10 Home (64-bit)
CPU AMD Ryzen™ 7 5800HS
解像度 / リフレッシュレート 2,560×1,440ドット (WQHD) / (165Hz)
グラフィックボード GeForce RTX 3060 6GB
メモリRAM 16GB DDR4-3200
ストレージ 512GB SSD / HDDなし
価格 195,400円(税込)

 

 

3Dゲームが快適にできる + 動画編集もそれなりにできるという点でいえば

ASUS Storeで販売されているこのモデルがおすすめです

 

最新のRTX 3060のGPUと最新のRyzen CPUを積んでいるのが良ポイント!

 

 

こういう(ゲームもできる)条件下で僕が最低限抑えたいなと思っているスペックは

 

  • CPUはi7シリーズかRyzen 7シリーズ以上
  • メモリは16GB以上
  • GPUのメモリが6GB以上
  • モニターのリフレッシュレートが120Hz

 

なので、このモデルがその条件を満たしており

値段とスペックのバランスがいいなと思いました

 

画面リフレッシュレートも165Hzなのでゲーミングとしても十分使用できるレベルです

 

 

ASUS公式オンラインストアで購入する
icon

 

 

 

 

バランス良!ASUS STORE:『TUF Gaming A15 FA506IV』

 

ASUS STORE:TUF Gaming A15 FA506IV / スペック
OS  Windows 10 Home
CPU AMD Ryzen™ 7 4800H
グラフィックボード GeForce RTX™ 2060 6GB
メモリRAM 16GB
ストレージ SSD : 512GB / HDDなし
価格 159,800円(税込)

 

CPUがAMD製の第3世代(旧シリーズ)ですがほぼ標準的

GPUも旧モデルですが比較的どんなゲームでもできるRTX 2060で

メモリも16GBあるという非常に万能なモデルです

 

ゲームもそれなりにできて、動画編集も普通に出来るノートパソコンだと思います

 

一番上のやつが圧倒的コスパ過ぎてあえてこっちを選ぶ理由はほぼないかも・・・

 

 

ASUS公式オンラインストアで購入する
icon

 

 

 

 

4Kの動画編集が出来るおすすめのノートパソコン

 

 

4Kの動画編集を行う際に押さえておきたいスペックは

 

  • CPUがIntel製ならi7 AMD製ならRyzen 7以上
  • メモリが32GB以上

 

になるかなと思います

 

ただ、4Kの動画編集をするだけならこの2つを押さえておけばいいのですが

ノートパソコン上で4K画質を再生したい場合は

 

4K画質に対応したディスプレイを備えたノートパソコンが必要になります

 

 

4KUHDモニター搭載モデル!ASUS STORE:ROG Flow X13 GV301QH

 

ROG Flow X13 GV301QH/ スペック
OS  Windows 10 Home
CPU AMD Ryzen™ 9 5900HS
グラフィックボード GeForce® GTX 1650 4GB
メモリRAM 32GB
ストレージ SSD:1TB
価格 219,800 (税込)

 

 

ASUSから販売されているこのモデルは

 

4K解像度に対応したモニターを備えており、最新の高性能なCPUと標準GPUを搭載しているので

4Kの動画編集+再生をしたい場合におすすめです

 

ただモニターのリフレッシュレート上限が60Hzなので

反射神経が必要なゲームにはあまり向いていないかもしれません

 

 

ASUS公式オンラインストアで購入する
icon

 

 

 

持ち運びに便利!動画編集ができる薄型&軽量のノートパソコン

 

 

次に持ち運びに便利な薄型で軽量のノートパソコンを紹介いたします

 

あまりノートパソコンでハイスペック + コンパクトに力を入れているブランドは少ないですが

ASUSのモデルで結構よさげなものがありました

 

 

圧倒的コスパ良!持ち運び+スペックのバランス◎|ASUS:ROG Zephyrus G14 GA401QM

 

ASUS:ROG Zephyrus G14 GA401QC / スペック
OS  Windows 10 Home
CPU AMD Ryzen™ 7 5800HS
グラフィックボード NVIDIA GeForce RTX™ 3050
メモリRAM 16GB DDR4-3200
ストレージ 512GB SSD / HDDなし
価格 159,800円(税込)

 

 

こちらのモデルは最新GPU搭載+リフレッシュレートが144HzまででるというゴリゴリのゲーミングノートPCです

 

これだけゲーミング寄りなのにもかかわらず

最深部(高さ)17.9mm~ 約1.65Kgとかなり持ち運びやすいノートパソコンになっているのが大きな特徴です

 

ゲームも動画編集もバランスよくこなせるノートパソコンになっているのではないかと思います

 

ASUS公式オンラインストアで購入する
icon

 

 

 

 

10万円前後!そこそこのスペックで安いノートパソコンならこれがおすすめ

 

 

10万円前後でもカジュアルな動画編集であれば

それなりに使えそうなノートパソコンというのがありますので紹介したいと思います

 

 

ASUS:TUF Gaming A15 FX506IH

 

ASUS:TUF Gaming A15 FA506IH/ スペック
OS  Windows 10 Home (64-bit)
CPU AMD Ryzen 5 4600H
グラフィックボード GeForce GTX 1650 4GB
メモリRAM 8GB
ストレージ 512GB NVMe SSD / HDDなし
価格 104,800円(税込)

 

 

10万前後でそれなりに使えそうなモデルとなると

ASUSで販売されているこのモデルがオススメです

 

CPUは人気のあるRyzen 5シリーズでなおかつ最新世代モデルとなっており

GPUは動画編集くらいなら特に問題のない4GBビデオメモリとコスパが非常に良いと思います

 

またモニターのリフレッシュレートが144Hzになっているのも非常に魅力です

画質等にこだわらなければゲームなどもできるかなと思います

 

余談ですが、僕の姉もこのシリーズを使用しています

 

 

 

ASUS公式オンラインストアで購入する
icon

 

 

 

2021年版!お遊び動画編集部管理人のぼくが買うならこれにする

 

 

 

トータルで判断するとやはり一番最近発売されたこのモデルが圧倒的にコスパが良いです。

 

 

ASUS STORE:『ASUS TUF Gaming F15 FX506HC』

 

ASUS STORE:TUF Gaming F15 FX506HC / スペック
OS  Windows 10 Home
CPU インテル® Core™ i7-11800H
グラフィックボード GeForce RTX™ 3050 4GB
メモリRAM 16GB
ストレージ 512GB SSD
価格 149,800円(税込)

 

 

動画編集もゲームも十分にできるこのスペックを持ってこの価格っていうのが素晴らしいです

 

CPU、メモリ、GPU、モニターのリフレッシュレート(144Hz)などが

バランスよく構成されていて文句なしだと思います

 

 

ASUS公式オンラインストアで購入する
icon

 

 

 

よくある質問

 

 

ここではよくありそうな質問を

Q&A形式で書き記しておこうと思います

 

 

ストレージはSSDが多いけどデータの保存はどうしたらいい?

 

 

最近のノートパソコンはほとんどSSDがストレージとして選択されていて

保存用のHDDを搭載していないモデルも多いと思います

 

基本的にSSDはデータの保存にはあまりおすすめできないので

できれば外付けのHDDを用意していただいて、画像や動画などの基本的なデータの保存は外付けHDDに行うのがいいかなと思います

 

 

 

 

中古の安いノートパソコン(昔のモデル)でも動画編集に使える?

 

かなり難しい問題ですが

結論から言えば、めぐりあわせとパソコンを選ぶ目利きの力がいると思います

 

例えばドスパラには中古ノートパソコンという検索カテゴリーがありますが

大半のモノは割高に思えてしまいます

 

 

※ドスパラ

 

例えばこの中の1つを例にとってみると

 

 

ヒューレットパッカード:HP 15-au010txの中古品の場合

 

HP 15-au010tx / スペック
OS  Windows 10 Home (64-bit)
CPU Core i7-6500U
グラフィックボード GeForce 940MX  2GB
メモリRAM 8GB
ストレージ 128GB SSD / 1TB HDD
価格 54,364円(+税)

 

 

全体的に型落ちで6万円程度になっております。

カジュアルな動画編集ソフトなら動くと思いますが

全体的に少し物足りないスペックになっているかなーと思います

 

これが安く感じるか高く感じるかは人それぞれ違うと思いますが

 

僕としては、これに6万出すなら、もうちょっと上乗せして

10万のノートパソコンにしたいなーと思うのが正直なところです

 

 

 

 

 

というわけでいかがでしたでしょうか

 

ひとことで動画編集が出来るノートパソコンと言ってもそれぞれ特徴があるので

使用スタイルや予算などから自分に合うノートパソコンを見つけてもらえれば嬉しいです!

 

 

またご不明な点等がございましたらお気軽にお聞きいただければと思います

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-機材

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.