PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

トランジション / 場面転換効果

拡大しながら動画と動画を繋げる!『ズームトランジション』の作り方:PowerDirector

2019年8月16日

 

 

DEMO

 

 

 

このページでは、Sam Kolderサンの動画でよくあるトランジション演出である

拡大しながら場面を転換させるズームトランジションの作り方を説明します。

 

Sam Kolderサンについては僕は最近知りましたよ!

 

 

『ズームトランジション』の作り方

 

 

本来PowerDirector上では場面転換する時に『トランジションエフェクト』を使用するのですが

PowerDirectorには『ズームトランジション』がないので自力で再現する必要があります。

 

 

すこーーしだけ手間がかかってしまいますが

慣れれば1分くらいで設定できるようになると思いますので、ご容赦ください。

 

 

まずは、イメージ図をご覧ください。

 

 

 

 

ざっくり言うとこんな感じのイメージになります。

 

 

動画と動画をつなげる赤いエリア上で

動画がつながっているモノと思いながらキーフレームで動画を拡大させるだけでございます。

 

 

 

キーフレームの設定方法

 

 

まず前方の動画部分のキーフレームを見てください。

 

 

 

 

クリップの属性から、オブジェクトの大きさを変える項目にキーフレームが3つ入っているのがわかると思います。

 

なぜキーフレームを3つにしているのかというと、

1つ目から2つ目は緩やかにズームさせて、2つ目から3つ目にかけて大きくズームさせることで

 

キーフレームが2つの時よりも強く緩急をつけることができるからです。

 

 

実際の数値:キーフレーム1個目

高さx幅:1.0

縦横比を維持:

イーズイン:なし

イーズアウト:✓ 1.0

 

実際の数値:キーフレーム2個目

高さx幅:1.1

縦横比を維持:

イーズイン:なし

イーズアウト:✓ 0.4

 

実際の数値:キーフレーム3個目

高さx幅:1.5

縦横比を維持:

イーズイン:なし

イーズアウト:なし

 

 

1個目と2個目は0.1しか拡大率があがっていませんが

2個目と3個目は0.4あがっていますので、序盤はゆるやかにズームさせてだんだん早くズームするといった感じになります。

 

またこのズームの動きは、3個目のキーフレームの1.5倍で止まらず

後半の動画にズームの動きを継承させるので、3個目にイーズインは絶対につけないようにしてください。

 

 

 

それでは後方の動画部分のキーフレームを見てみましょう。

 

 

後方の動画のキーフレーム

 

後方はそこまで強い緩急はいらないかなと思ったのでキーフレームは2個にしています。

3個でも大丈夫ですがそこまで違いが出ないと思いますので2個で十分!

 

実際の数値:後方キーフレーム1個目

高さx幅:1.5

縦横比を維持:

イーズイン:なし

イーズアウト:なし

 

実際の数値:後方キーフレーム2個目

高さx幅:2.0

縦横比を維持:

イーズイン:✓ 1.0

イーズアウト:なし

 

 

前方3個目と後方1個目のキーフレームは動画のつなぎ目なので

キーフレームの値は全く同じにしています。

 

 

全然違う場面に転換していのであれば、倍率等は特に気にしなくて大丈夫だと思います。

ここで気にするべきは、ズームの動きをきちんと継承させているか、ということになります。

 

 

ゆえにつなぎ目のキーフレームには、イーズインとイーズアウトを設定してはいけません。

 

 

後方2個目のキーフレームがズームの最終地点となりますので、

最終的に落ち着かせたい倍率を設定し、ここは必ずイーズインを設定しておいてください。

 

 

ズームトランジションの他に似たような作り方でできる

ズームアウトトランジションはこちらの記事を御覧ください

 

『拡大/縮小』を応用して『ズームアウトトランジション』を作る方法:PowerDirector

  DEMO   前回の記事で、拡大だけの『ズームトランジション』を再現しましたが 今回は、ズームとアウトをあわせたズームアウトトランジションの調整方法を説明してまいりたいと思いま ...

続きを見る

 

 

 

総括:PowerDirectorでの『ズームトランジション』の作り方

 

 

いかがでしたでしょうか!

 

ちょっと無理やり作った感はあるのですが、それらしく見えれば僕はオールOKだと思ってますよ!

ズームトランジションは『Filmora』に簡易的なトランジションがあったように思いますが、『movavi』にはなかったように思います。

 

どちらにせよキーフレーム機能さえあれば再現可能なトランジションではあるのが1つの特徴かなと思います。

キーフレーム機能は『PowerDirector』と『Movavi Video Editor Plus』以上のパッケージについてますよ!

『Filmora』にはキーフレーム機能はついていません。

 

 

公式サイトPowerDirector 18 ~無料体験版をダウンロード~

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector18を愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-トランジション / 場面転換効果

Copyright© お遊び動画編集部! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.