応用編:演出技+小技

PowerDirector17から搭載|テキストに『特殊エフェクト』をつける機能解説

 

『特殊エフェクト機能』とは

 

PowerDirector 17~に搭載されているタイトルデザイナー専用機能。

 

特殊エフェクトが適用されたテキストは、テキスト枠に対して炎や雷、ネオンといったエフェクトを走らせることができます。

製品版:PowerDirector 17 ~ / 365 Win版に対応
※Mac版は未対応

 

 

この記事ではPowerDirectorのタイトルデザイナーで使用できる

『特殊エフェクト』の機能について解説いたします。

 

 

タイトルデザイナーの基本機能については下記記事をご覧ください

 

 

 

 

 

 

PowerDirector17で追加されたタイトル:特殊エフェクト機能について

 

 

 

特殊エフェクト機能はPowerDirector 17~搭載された機能になり

タイトルデザイナー上で効果をONにし設定をすることで

 

テキストの外枠を雷などのエフェクトが走る効果をつけることができます。
※ただし特殊エフェクトを適用するとキーフレームを含むアニメーション関連の機能は使用できなくなります

 

 

 

タイトルデザイナー:特殊エフェクト

 

 

この機能は『タイトルデザイナーで作成したテキスト』の枠にエフェクト効果を付ける機能になります。

 

エフェクト効果は、『炎、ライト、稲妻、LEDネオンサイン、ネオンサイン、電波』の6種類あり

それぞれプリセットが複数用意されています。

 

 

 

 

特殊エフェクト機能の使い方

 

 

まず、タイムライン上にタイトル素材を配置してテキストを作成します。

 

 

 

次に作成したテキストをダブルクリックしタイトルデザイナーを開きます。

 

 

 

『オブジェクト:特殊エフェクト』項目をクリックして展開し、お好みのエフェクトを選択します。(ここではネオンサイン)
※特殊エフェクトを適用するとキーフレームを含むアニメーション関連の機能は使用できなくなります

 

 

 

 

続いてネオンサインの『ルック』の中から6つのプリセットを選ぶことができるので

一番イメージに近いお好みの『ルック』を選びます

 

 

 

 

あとは『サイズ』と『濃度』のパラメータを弄ってアニメーションの仕上がりを微調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総括:PowerDirector17~『オブジェクト:特殊エフェクト機能』の解説

 

 

というわけでいかがでしたでしょうか

 

 

PowerDirector 20の最新機能については下記記事をご覧くださいませー

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションの映像素材等を公開(無料&有料)しております。

-応用編:演出技+小技

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.