応用編:演出技+小技

PowerDirectorのBCC Video Glitchを使ってグリッチテロップを作成する方法について解説

2021年1月30日

PowerDirectorで作成する!

グリッチテロップ

 

作成の流れ

 

・テキストを作成

・BCC Video Glitchをテキストに個別適用

・キーフレームパラメータを調整

 

PowerDirector Ultimate以上+Win版サブスクリプションのみ対応

 

 

 

この記事では、PowerDirectorのサードパーティ製エフェクトである『BCC Video Glitch』の機能を使って

グリッチテロップを作成する方法や作成例について解説しています

 

 

Youtubeでの解説もありマス

 

 

 

グリッチってなんぞ?

デジタル機器のエラーノイズなどの視覚現象を指し

映像制作においてはそれらの視覚現象を利用して作品を演出・制作する手法のこと

 

 

使用上の注意点として

Ultimate未満のパッケージMac版のPowerDirector 365にはこのエフェクトは搭載しておりません

 

 

 

この記事を読み進める前に自分のPowerDirectorのエフェクトの中に

『BCC Video Glitch』があるかどうかを予めご確認くださいませ

 

 

 

公式サイトでPowerDirectorシリーズを少しだけお安く購入する方法はこちら

 

 

 

 

 

 

大まかな作成の流れ

 

 

グリッチテキストの大まかな作成方法では

 

タイトルデザイナーで文字を装飾する

・装飾したテキストクリップに『BCC Video Glitch』を個別適用する

・個別適用したエフェクトをキーフレームでパラメータを調整する

 

という流れになりますが、作るグリッチテロップの種類によっては

少し作業内容が変わったりすることがありますので、その点については予めご了承くださいませ

 

 

再現の流れ(1) タイトルデザイナーで文字を装飾する

 

エフェクトを掛ける前に、テロップをあらかじめ装飾(デザイン)しておきます

 

ここで複数のテロップに分けて適切なINのアニメーションを作成しておくことで

仕上がりがかなり良くなります

※詳しい解説はグリッチテロップの例ごとに行います

 

タイトルデザイナーというツールを使うので

使用方法がよくわからない方は下記記事をご覧くださいませ

 

タイトルデザイナーのお役立ち記事はこちら

【初心者向け】PowerDirectorでテロップを作る!『タイトルルーム』と『タイトルデザイナー』機能の使い方

    製品版:PowerDirectorに対応 ※タイトル表示範囲マスクはUltimate以上 + Win版のみ対応     この記事はPowerDirect ...

続きを見る

 

 

 

再現の流れ(2)  テロップに『BCC Video Glitch』を個別適用する

 

 

装飾の仕上がった『テキストクリップ(テロップ)』『BCC Video Glitch』をドラッグして個別適用します

 

あとは、左下の『i』マークをクリックし『BCC Video Glitch』を選択すると

エフェクトのパラメータ設定画面に移行することができます

※旧バージョンではアイコンのデザインが異なる可能性があります

 

左下の『デフォルト』という部分を変えてあげるとグリッチエフェクトの『プリセット』を変えることができるので

好みのものを選択しておきます

 

 

再現の流れ(3) キーフレームでエフェクトのパラメータを調整する

 

 

最後に、適用したエフェクトの強度をキーフレームで調整します

 

『テキスト』を選択→『キーフレーム』『不調の強度』のパラメータでグリッチの強度を調整できます

 

なので

 

・始まりを強い強度(200)

・そこからだんだんと弱い強度(0)になっていき

・最後でまた強い強度(200)に戻す

 

みたいな調整の仕方をすると、

少し手間ではありますが上品な演出にすることができます

 

 

 

 

グリッチテロップ作成例.1

 

BCC Video Glitchの使用プリセット:Crazy Block Shifts

・DEMOの前半で使用しているグリッチ音源:PIXTA【SFX】グリッチSE_05 衝撃
 ※PIXTAで『70627270』と検索してくださいませ

・DEMOの後半で使用しているグリッチ音源:kyohei 様制作のグリッチ効果音セット
  ※17番と18番を使用

・おすすめフォント:Hooked Up 101 Font / Cyberpunk 2077

 

ここで紹介しているPIXTAの音源は有料なんですが、めちゃくちゃクオリティが善きです

 

 

テキストを3つに分割して装飾する作業←ここがメイン

 

 

最初にタイトルデザイナーでテロップの装飾を行います

 

 

まずはテキストクリップを配置してお好みの時間(DEMOでは5秒)に調整しておいてから

『タイトルデザイナー』を開きます

 

 

 

そして、お好みの文字列フォントスタイルでテロップを仕上げて

お好みの位置(ここでは真ん中)に配置します

※後で調整するのでざっくりでもOK

 

 

 

 

そしてここでINのアニメーションを演出していくため

作成したテロップを『タイトルデザイナー』上で3つに複製してすべて同じ位置に重ねておきます

※コピーのショートカットキー:Ctrl + C

※ペーストのショートカットキー:Ctrl + V

 

 

 

そしてそれぞれの表示時間を以下の画像のようになるように調整します

※下記は60FPSでのフレーム換算なので30FPSで動画を作っている方は半分のフレーム数で調整してください

 

1つ目のテキスト:0フレーム→20フレームまで表示

 

2つ目のテキスト:20フレーム→30フレームまで表示

 

3つ目のテキスト:30フレームから終わりまで表示

 

 

ここまで来たらあとはそれぞれのテキストを最終装飾していくだけです

 

 

 

テロップ.1の装飾

 

 

まずは、INのアニメーションを担うテロップ1のデザインを調整する作業を行います

 

 

作業に入る前に!

作業に入る前に1以外のテロップのチェックを外して非表示にしておくと作業がやりやすいです

 

 

DEMOの通りに演出したい場合は、まず『フォント』のチェックを外します

※『フォント』のチェックを外すと『塗り』が透明になります

 

そして『境界線』にチェックを入れて『色』を白、『サイズ』を細めに設定します

 

 

次にサイズを画面いっぱいくらいに大きくして中央に配置します

※このテキストは短時間しか表示されないので画面外に出てもOK

 

 

 

最後に、『アニメーション』タブを開いてINのアニメーションを設定します

 

『開始アニメーション』から『グロー』を選択後、下記の画像を参考にして

 

INのバーを『最大』

OUTのバーを『最小』に設定します

※少しわかりにくいですが『緑色の表示時間バー』の中にある頭とお尻のバーのことです

 

 

 

ひとまずこれでテロップ1の装飾はOKです

 

 

 

テロップ2の装飾

 

 

次にテロップ2の装飾を行いますので、先ほどと同じように

1と3のチェックを外しテロップ2だけチェックが入っている状態にしておきます

 

 

そして2のテロップを選択している状態で、テロップを下にズラして配置します

※10フレームの超短時間のみ表示するテロップです

 

 

 

2のテロップの装飾はこれだけでOKです

ここは超簡単!

 

 

 

テロップ3の装飾

 

 

そして最後にテロップ3の装飾を行いますので先ほどと同じように

1と2のチェックを外しテロップ3だけチェックが入っている状態にしておきます

 

 

テロップ3が一番表示時間の長いメインのテロップになりますので

中央配置+適切な見やすさでテロップを仕上げます

※ここはお好みでOKです

 

 

 

 

あとはすべてのテロップにチェックを入れて『OK』と押すと下記のようになりますので

これにグリッチのエフェクトを適用するだけで完成します

 

 

 

 

1で作成したものが境界線だけの大きいテロップ

2で作成したものが下にズレる白いテロップ

3で作成したものがメインのテロップ

 

という感じです

 

 

 

BCC Video Glitchを個別適用してプリセット設定

 

 

 

先程作成したテロップに『BCC Video Glitch』のエフェクトをドロップして個別適用します

そして『エフェクト』と進めて左下のデフォルトの部分を『Crazy Block Shifts』に変更します

 

 

 

 

 

これだけでメインのグリッチエフェクトは完成なんですが

これだけだとずっとグリッチ効果が出続けてしまいます

※それでも良い方はここで完成となります

 

 

なのでもし、INの部分だけにグリッチ効果を出したい場合

キーフレームで軽く強度の設定をしてあげます

 

 

※テキストを選択→『キーフレーム』でOK

 

 

キーフレームの画面を開いたら『不調の強度』にキーフレームを打っていきます

 

 

 

1個目のキーフレーム:INのアニメーションが終了する30フレーム地点に作成

2個目のキーフレーム:ざっくり2秒地点に作成します

 

 

そしてそれぞれのパラメータを下記のように設定します

 

キーフレーム(1):不調の強度200

キーフレーム(2):不調の強度0

 

 

こうすると下記のようになりINの部分でのみグリッチ効果がでるグリッチテロップを作成することができます

 

 

 

キーフレームによる強度の調整はお好みでいいかと思います

200だと最大、0だとエフェクト効果なし、という感じです

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-応用編:演出技+小技

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.