基礎編『設定 / 使い方』

初心者向け|PowerDirectorの「キーフレーム機能」を動画・画像付きで解説

2020年3月17日

 

キーフレーム機能 

素材の位置、サイズ、不透明度などのデータを時間経過で変化させてアニメーションを作成する機能

 

・位置

・拡大/縮小

・回転

・不透明度

・音量...などなど

製品版PowerDirectorに対応
※停止(リニア)キーフレームパラメータは最新版のみ対応

 

 

 

このページではPowerDirectorに備わっている『キーフレーム機能』について解説します

 

 

キーフレーム機能を使えば

時間経過により画像やテキストの位置が移動していくアニメーションを作ったりすることができます。

 

他にも画像やテキストが拡大縮小したり、回転したりするアニメーションが作れます

 

 

 

 

キーフレーム機能とは

 

キーフレームというのは『区切りとなるデータ(パラメータ)のことです

 

例えば映像素材の中には

『位置(画面内における座標位置)、サイズ(画面内における大きさ)』等のデータ(パラメータ)が含まれているんですが

 

 

 

1秒を構成するフレーム(30fpsだと1秒間は30フレーム)の中に区切りをつける(キー)ことで

時間経過によるアニメーションを作成できます

 

 

 

 

 

 

キーフレームを設定するには

 

 

PowerDirectorでのキーフレーム設定は大まかに以下の流れになります。

 

 

キーフレームを設定する流れ

  • ①キーフレーム機能を使いたい素材をタイムラインに配置する
  • ②キーフレームを設定したい『パラメータ:項目』を決める
  • アニメーションさせたい時間の『始点』『終点』にキーフレームを作成する
  • ④始点と終点のキーフレームにそれぞれ異なるデータ(数値)を入力

 

 

基本的にはこの流れでキーフレームを設定します。

 

 

ここでいうパラメータってなんぞ?

映像素材であれば『サイズ』『位置』『回転』『不透明度』など、音声素材であれば『音量』などの

データ項目のことをここでは『パラメータ』とします

 

 

 

 

①キーフレーム機能を使いたい素材を配置

 

 

PowerDirectorでキーフレーム機能を使うには

まず、キーフレームを設定したい素材(動画、画像、テキストなど)をタイムラインに配置します。

 

 

 

 

そして素材を選択した状態で『キーフレーム』をクリックしキーフレーム画面を開きます。

 

 

 

 

このキーフレーム画面からキーフレームパラメータを設定していきます。

 

 

 

②キーフレームを設定したい『パラメータ:項目』を決める

 

 

キーフレームの設定画面が開いたら、

どのようなキーフレームアニメーションにしたいかを考えて適切なパラメータを選びます。

 

 

例えば動画や画像、テキストといった映像素材であれば

『クリップ属性』を展開して表示される下記の4つのパラメータが定番です。

 

 

映像素材の主なキーフレームパラメータ

  • 『位置/XとY』:素材を画面上で移動させられる
  • 『高さと幅』:素材を画面上で大きくしたり小さくできる
  • 『不透明度』:素材をフェードアウトさせたりフェードインさせたりできる
  • 『回転』:素材を回転させられる

 

 

また、BGMやナレーションといった音声素材であれば

『クリップ属性』を展開して表示される音量パラメータがキーフレーム設定可能な項目になります。

 

 

 

 

③アニメーションさせたい時間の『始点』と『終点』にキーフレームを作成

 

 

キーフレーム画面が開いたら

アニメーションさせたい時間の『始点』と『終点』にキーフレームを作成します

 

ここでいうアニメーションさせたい時間というのは『始点』から『終点』までの時間のことで

具体的に言えば何秒間のアニメーションにしたいかということです。

 

 

例えば下記のDEMOであれば2秒のアニメーションとして作成していますので

『始点キーフレーム』の2秒後に『終点キーフレーム』を作成しています。

 

 

 

 

 

要領が掴めるまでは、ざっくりでいいので下記画像を参考にして

 

①『始点』の位置を決めて再生バーを移動し

②キーフレームを設定したいパラメータのをクリックします。

③同じ要領で『終点』の位置を決めて再生バーを移動し

をクリックします。

 

 

 

 

するとそれぞれの再生バーの位置に新しいキーフレーム(ここでは始点と終点の2点)が作成されます。

 

 

 

 

 

 

④『始点』と『終点』のキーフレームにそれぞれ異なるデータ(数値)を入力

 

 

最後に手順③までで作成した『始点』と『終点』のキーフレームにそれぞれ異なるデータを入力します。
※この異なるデータ値がアニメーションとなります

 

まず『始点』である1つ目のキーフレームをクリック(移動)します。

そしてパラメータ(ここでは位置)のデータを変更(お好みの位置にドラッグするなどして変更)します。

 

 

次に『終点』である2つ目のキーフレームをクリック(移動)します。

そしてパラメータ(ここでは位置)のデータを変更(ここではXを0.2に変更)します。

 

 

 

 

 

こうして『始点』と『終点』のデータ値(ここでは座標X)を変えてあげると

そのデータ差がキーフレームアニメーションになります。
※下記DEMOでは2秒の時間をかけてXの位置が0.776から0.2に移動

 

 

 

 

キーフレームに慣れてきたら下記の記事もご覧ください。

キーフレームアニメーションをオシャレに見せるコツなどを解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

総括:PowerDirectorのキーフレーム機能を動画付きで解説

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか。

 

キーフレーム機能自体はそこまで難しくないのですが、複雑なアニメーションを作ろうとすると

2点以上のキーフレームが必要になったりしますので自分の力量に合わせて作成するのがポイントになります。

 

また、機能性よりも発想のほうが大事になってくる機能なので

色々と遊びながらお試しいただければと思います。

 

 

お疲れ様でした

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector シリーズを愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-基礎編『設定 / 使い方』

Copyright© お遊び動画編集部! , 2021 All Rights Reserved.