お遊び動画編集部!

PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

設定 / 使い方

PowerDirector 17の動作を軽くする!おすすめ初期設定

投稿日:2018年10月10日 更新日:

 

編集がスムーズにできるかどうか、というのは動画編集ソフトとして大事な要素になってくると思います。

 

動画編集というのは、それなりにPCスペックが必要になり、

スペックが少し物足りなかったりすると、ソフトの動作が遅くなったりします。

 

プレビューを再生するたびにちくいちフリーズしたりしていると、作業がなかなかはかどらずにイライラすることも!

なので、軽い動作で作業できる設定などの設定項目を説明します。

 

最新!PowerDirector 18の紹介記事はこちら

【作成動画あり】PowerDirector 18の使い方・機能・プランの種類を徹底解説

       2019年9月27日に新しいバージョンのPowerDirector 18が発売されました!   動画編集をするために16から使い始めたPowe ...

続きを見る

 

 

CPUの負担を減らすハードウェア アクセラレーション設定

 

ビデオカードのドライバーを更新した後や初めてPowerDirectorを起動した時に出る項目です

この設定は、AMDかNVIDIAのビデオカードを使っていることが前提です。

 

この設定をONにすると、CPUだけに処理させるのではなく

GPU(ビデオカード)にも処理させることでCPUの負担を減らしよりスムーズに処理することができます

 

動画編集ソフトをCPUのみで処理させるとCPUの性能が足りていないと

ソフトが不安定になったりして、動作が重く感じたりすることがあります。

 

そのため最近の動画編集ソフトでは基本的にGPUとCPUの両方で処理をさせていることが多いです。

PowerDirectorもその一つです。

 

なので、対応しているビデオカードを積んでいる場合は、以下の項目を有効にしてみると

ソフトの挙動が軽くなる場合があります。

 

 

OpenCL 技術を有効にする

 

 

まず、上部タブの歯車ボタンをクリックします。

すると基本設定画面がでてくるので、[ハードウェア アクセラレーション]を選択します。

 

 

次に、レンダリング処理や編集中のプレビューの処理速度を

CPUだけでなくGPUにも処理能力を割り振って動作を軽くしたい場合

 

[OpenCL 技術を有効にして、ビデオエフェクトのプレビュー/レンダリングを高速化する]

 

にチェックをいれましょう。

 

これを入れると、レンダリングだけでなく

編集中のプレビューの処理速度が上がるので編集がスムーズになるとおもいます。

 

 

ハードウェア デコーディングを有効にする

 

ハードウェア デコーディングも上記と同様に

CPU処理速度の遅いPCやCPUの処理をGPUでサポートする目的でよく使われます。

 

 

こちらの設定も使いたい方は

[ハードウェア デコーディングを有効にする]

にチェックを入れます

 

これにより、CPUだけでなくGPUにも負担を分散してデコーディングできるようになります。

※ご自身のPCスペックとご相談くださいまし

 

 

 

ハードウェア アクセラレーションの最適化

 

最後に上記2つの項目の中でチェックを入れたり変更を加えた後は

忘れずに[最適化]をクリックして適用して完了です!

 

 

 

読み込んだ後は動作が軽くなるシャドウファイルを作成する設定

 

 

次にシャドウファイルを作成する項目をONにしてみましょう!

 

シャドウファイルというのは、プロキシファイルとも呼ばれオリジナルの動画よりも軽いファイルの動画のことです

 

この設定をONにすると規定サイズ以上の動画が読み込まれた時に

自動でシャドウファイルを生成、置き換えられて、軽い動作の中で編集作業を行うことができます

 

シャドウファイルで編集するのとしないのとでは、動作の軽さが全然変わるので、

パソコンが少し重いと感じるようであればONにしておくのがおすすめです。

 

 

 

まず、上部タブの歯車ボタンをクリックします。

すると基本設定画面がでてくるので、[全般]を選択します。

 

 

[高解像度の動画でシャドウファイル(プロキシ ファイル)を有効にする]にチェックをいれて

普段編集している動画の解像度を選んでください。

  • 1920 x 1080
  • 1280 x 720
  • 720 x 480

ここから選んだ解像度以上の動画をインポートした時に自動でシャドウファイルを生成するようになります

 

480くらいの動画はそもそも軽いので、シャドウファイルは必要ないかもしれない!

 

また、取り込んだ動画の左下のアイコンを見ると

シャドウファイルが作成しているか、作成中なのかを確認することができます。

 

シャドウファイル作成中の時:

ちなみに作成中は、PCの動作が重たくなるので、何かほかのことをして時間をつぶすのが良いです!

 

シャドウファイル作成後の時:

終わるとこんなアイコンに!

 

 

 

プレビュー画面の解像度を下げる!

 

 

何気にこれが一番効果があるかもしれません。

 

編集が凝っていくと、処理速度が追いつかずにプレビューがスムーズに再生されず

止まっては進み止まっては進みというような感じになることがあります。

 

そういう時は、プレビュー解像度を[低]か[標準]くらいまで下げてみましょう。

出力後の解像度には影響しないので、[低]でも十分に作業することができます。

 

僕は画質が低いほうがサクサクに編集できるのでHD以下くらいがちょうど良いです!

 

 

というわけで、以上PowerDirector 17の動作を軽くできるかもしれない方法でした。

 

PowerDirector:動作が重い時に試してほしいこと

      PowerDirectorは動画編集ソフトの中では、比較的軽い方の部類に入ります   ただし、動画クリップをタイムライン上に縦にいくつも並べたり、重 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector17を愛用しておりマス!Directorzoneでテンプレート公開してマス!

-設定 / 使い方

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.