お遊び動画編集部!

PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

設定 / 使い方 PowerDirector

PowerDirector:モーション補間技術が素晴らしい!

2018年10月11日

 

動画編集ソフトというと、

昔ながらのフリーソフトでは「Aviutl」

最近の有料ソフトでは「Filmora」などがありますが

 

それらのソフトよりも優れている1つの点として、「モーション補間技術」というものがあります。

 

モーション補間技術とは

 

動画の速度を遅くしたことによってカクついた動きになるのを緩和する技術です。

上の動画では0.2倍速まで遅くして比較しています。

 

通常の方は、少しカクついた動きになっているのですが、

補正している方は、少しだけ滑らかな動きになっているのがわかります。

 

動画の速度を遅くすると秒間のコマ数が減少するので、通常よりもカクついて見えるよ!

あと余談ですが、YOUTUBEの右下の歯車を押して速度を0.5倍速くらいにするともっとわかりやすい!

 

 

モーション補間技術を適用するには

 

 

 

ビデオスピードデザイナーを使って動画速度を遅くする時に

[可能時に補間技術を適用する]にチェックをいれるだけです。

 

補間技術を適用するには、決められた速度のみなので、右下の倍速表にあわせるといいです。

 

最遅で0.2倍速 最速で0.8倍速になります!

 

 

通常時、補間技術、ディレイエフェクトのそれぞれモーション比較!

 

ちなみに補間技術は、PowerDirector独自の技術として紹介させていただきますが、

他のソフトでも似たようなエフェクト効果はあります。

 

それが、モーションブラーです。

 

モーションブラーというのは

コマとコマの間を補填して残像を作り、滑らかに見せるエフェクトのようなもの!

※PowerDirectorではディレイエフェクトがそれに近い!

 

 

なので、それぞれ通常時、補間技術適応時、ディレイ効果(弱)+(強)を比較してみます。

 

通常時:ただの0.2倍速

 

この素材は、秒間におけるコマ数が60(60FPS)なのですが0,2倍速にすると秒間のコマ数が12まで減少します。

割とカクカクして見えがちな30FPSの半分以下のコマ数なので、大分カクついて見える感じですね!

 

 

補間技術適応時:0.2倍速

 

次に補間技術適応時のサンプル画像です。

コマとコマの間をなめらかな残像で補間している感じで、滑らかに見えますね!

 

 

 

ディレイエフェクト(弱):0.2倍速

 

割と効果が似ているディレイエフェクトで調整してみたサンプルです。

一番補間技術に近い設定にしてみましたが、やや残像が強めに出ているような感じですね!

 

 

ディレイエフェクト(強):0.2倍速

こちらはディレイエフェクトを一番強くかけてみたサンプルです。

ここまで行くとやややりすぎといった感じになりますね!

 

 

実はこの効果ってただのディレイエフェクトなんじゃないか!と思って実験してみましたが

若干違うようですね!

 

 

モーションブラーをかけれるソフトであれば近い効果を生み出すことはできそうですね!

Aviutlでも似たようなエフェクトがあったと思います!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector18を愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-設定 / 使い方, PowerDirector

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.