お遊び動画編集部!

PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

動画編集 知識とコツ

スローモーション化で動画に迫力をつけるコツ!

2018年10月10日

 

アクション系やスポーツ系の動画では、

早すぎて目で追えない動きの場面などで、スローモーション化させたりします。

 

この時に、動きを見やすくする為だけのスローモーションではもったいないので、

見やすくして、なおかつ、迫力があるように演出できればずっと面白くなるはずです!

 

そのためのコツのようなものを紹介したいと思います。

 

 

スローモーション化で動画に迫力をつけるコツ1

 

まず具体的にどの部分を遅くするかなのですが、これはシンプルであればあるほど見やすくなり

複雑にすればするほど、見にくくなります。

 

で、複雑なものは、なんでしょう、アニメの凝ったOPとかでしょうかね!

まとまるとすごくおしゃれに見えて、すげー!ってなりますが、どうなってるのか全然わからん!といった感じのもの。

 

なので、シンプルに迫力をつけるコツの一つを紹介したいと思います。

 

それは、動きの最高速度に達した時点からスローモーションをかける、です。

 

例えばサンプルの画像で説明すると

剣を振った時の最高速度は

 

相手に当たる瞬間なので

 

相手の剣or物or体のいずれかに当たったところからフォロースルーまでの部分をスローモーションにすれば

すごく迫力がでます

 

逆に剣の振りはじめからフォロースルーまでの全体をスローモーションにしてしまう

ただの遅い動画になるので眠たくなるくらい迫力がでなくなります!

 

ここで大事なのは速度の緩急ですね。

 

ずっと一定で早いものよりも

早い部分と遅い部分を意図的に作り出しての緩急が強いほうが迫力がでます。

 

あとは、ずっと同じようなスローモーションのかけ方をしないのも大事です。

 

動画を通して、スローモーションをかけるところと、かけないところを選び、

あえてより遅く感じるように、振りの溜めの動作にスローモーションをかけたりするなどの動画全体としての緩急も大事かなと思います!

 

スローモーション化で動画に迫力をつけるコツ2

 

 

スローモーションにした部分に効果音をつけるのも効果的です。

 

ブゥーーン、ドゥーーン、といった

いかにも遅くなっているような効果音ですね。

 

 

例えば風の音などでもいいかなと!思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

管理人の入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector18を愛用しておりマス!少し凝ったアニメーションのテンプレート素材の販売を始めました。シンプルなモノはDirectorzoneで無料でテンプレート公開してるものもあります

-動画編集, 知識とコツ

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.