お遊び動画編集部!

PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

PowerDirector

PowerDirector17にバージョンアップした魅力!

更新日:

 

 

 

僕はPowerDirector16からこのソフトを使い始めて、コレを使っていた時に何が物足りなかったかというと、

緩急のついたエフェクトがほとんどなかったことなんですよ!

 

Filmoraという動画編集ソフトなんかだと緩急のついたトランジションのエフェクトがいっぱいあって

すごいオシャレでこういうのPowerDirector16にないんだよなーとか不満に思ってました。

 

でもアニメーションにはイーズインとイーズアウトで緩急つけれるし、

動画の速度変換機能もいいし、作ったテンプレートは公開してクリエイターを気取れるしで

 

何かと使ってて楽しいのはPowerDirectorだったんです。

 

で!先日17にアップデートしたのですが、

16を使っていた時に、こういうエフェクトがあったらいいなーと思っていたのが17になって増えたのがすごくうれしかったのです。

 

 

緩急付きトランジションが追加された!

 

増えた機能とエフェクトの中で一番うれしかったのは緩急のついたトランジションエフェクトだったんですけど

こういうのが増えました!

 

 

この赤枠で囲ったやつが、新しく増えたやつで

緩急がついててすごい嬉しかったです!

 

ただ、使いやすいのは、アイコンを合わせたときにきちんとAとBが表示されるやつだよ!

Aだけのやつはちょっと使いにくいかも!

 

これは[時計回りに回転(中心)]のトランジションを使ったアニメーションだよ!

ぼかしや拡大アニメーションは別でつけているよ!

 

タイトルデザイナーで特殊エフェクトが追加された

 

タイトルデザイナーの特殊エフェクトという項目が増えており

文字オブジェクトのエフェクトが割と使い勝手のよさそうなエフェクトが増えています!

 

あまりちゃっちくないエフェクトですげー嬉しい!

 

特殊エフェクトの使い方

 

タイムライン上の[エフェクトを追加したいタイトル]をダブルクリックすると、

タイトルデザイナーが起動します。

 

左上の[オブジェクト][エフェクト][モーション]タブの中から[エフェクト]タブを選択します。

すると[特殊エフェクト]という項目があるので、そこで設定可能です。

 

種類は、「炎」「ライト」「稲妻」「LEDサイン」「ネオンサイン」「電波」の計6種類です。

また、その下の項目で詳細なアニメーション設定をすることが可能です。

 

 

ルック:そのエフェクトから複数の種類を選べます。例えば炎のエフェクトだけでもルックが6種類あり、それぞれちがったアニメーションの炎エフェクトから選ぶことができます。

 

サイズ:エフェクトの大きさを調整できます。この項目のみキーフレーム設定可能。

 

濃度:エフェクトの濃さを設定できます。

 

これを設定すると 他のキーフレーム機能などがほとんど使えなくなるのでその辺注意!

上の画像みたいに複数のアニメーションを付けたい時は以下みたいなやり方で!

文字そのものにトランジションを適応して、FXルームで拡大エフェクトを付けたんだ!

 

他に増えたモノで紹介したいものがあれば加筆していきます。

最新のPowerDirector 18はどれを選べばいい!?

 

買い切りプラン

 

 

  これらの3つのパッケージの違いは

  備わっている機能+エフェクトに差が

  あります。

 

 

 

 

パッケージ名:

通常版:

アップグレード:

サードパーティ製プラグイン数:

コンテンツパック:

 

Ultra

¥12,980

なし

2

プレミアム 1, 2, 3, 4,5

 

Ultimate

¥15,980

¥10,980

5

プレミアム 1, 2, 3, 4,5

ウェディング & ホリデーパック 10

 

Ultimate Suite

¥20,980

¥14,980

6

プレミアム 1, 2, 3, 4,5

ウェディング & ホリデーパック 10

トラベルパック 6

買い切りのおすすめはコレ!

 

これらは買い切り用のパッケージになります。

1番注意すべきポイントは、サードパーティー製プラグインの数です。

このプラグインのエフェクトはAdobeの動画編集ソフトにも入っている優秀でおしゃれなやつなのです。

 

 

サブスクリプションプラン

 

 

  これらの2つのプランの違いは

  収録ソフトウェア数に差が

  あります。

 

 

 

 

パッケージ名:

1年契約のお値段:

サードパーティ製プラグイン数:

プレミアムアドオン:

追加収録ソフトウェア:

 

PowerDirector 365

¥6,980

6

すべて無料で使用可能

なし

おすすめはコレ!

 

Director Suite 365

¥15,980

6

すべて無料で使用可能

PhotoDirector 11

AudioDirector 10

ColorDirector 8

 

 

来年もバージョンをアップグレードするのなら

こちらのサブスクリプションが安くあがりますし、全ての有料パックも無料で使えるのでお買い得かな!と思います。

 

注意すべきポイントは、2つのパッケージで、追加収録ソフトウェアがついてくるかどうかの違いくらい、と

無料で使えるBGMの中でも商用使用可能と個人使用で分けられているモノがあることに注意が必要です。

 

最新のPowerDirector 18の新機能やおすすめなところを紹介している記事は以下です

 

動画編集ソフト:PowerDirector 18がおすすめの理由とは!

            2019年9月27日に新しいバージョンのPowerDirector 18が発売されました!   &nbsp ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector17を愛用しておりマス!Directorzoneでテンプレート公開してマス!

-PowerDirector

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.