お遊び動画編集部!

PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

設定 / 使い方 PowerDirector

PowerDirector 17でDVDに焼くための:書き出し設定

更新日:

 

 

 

前回の記事で、DVDに焼くためのディスク作成の説明をしました。

 

 

PowerDirector 17でDVDに焼くための前準備:ディスクを作成する

 

 

ディスク作成の設定ができたら、次は実際にDVDに焼くための設定になります。

 

 

 

書き込み設定

 

DVDに焼くコンテンツとメニューの基本設定(ディスクの作成)が終わったら

2Dディスク or 3Dディスクのどちらかを選択して、書き込み設定をしていきます。

 

 

2Dディスクか3Dディスクどっちを選べばいいの?

 

2Dディスクと3Dディスクのどちらを選べばいいのかというと

動画を3Dで作成して、3Dで出力したい場合に限り3Dを選ばれるのがいいかと思います。

 

 

3Dの編集方法ってこんなの!

まず3DにしたいオブジェクトをダブルクリックしてPIPデザイナーを開きます。

そして3Dの設定にチェックを入れて、深度を設定!

あとはプレビューを3Dモードにすれば3D設定は完了です!

僕は使ったことはないですけども・・・

 

 

ディスク形式を選ぶ

 

次に、[ディスク形式]を設定していきましょう。

これは書き込むDVDの種類ですね。

 

ざっくり分けるとDVDとBlu-rayの2つに分けられます。

DVDなら左と右を指定することになり、Blu-rayなら真ん中のアイコンを指定することになります。

 

とりあえず左から1つずつ説明していきます。

 

 

DVD VIDEO

 

なぜDVDが左と右に分かれているのかというのと

左のアイコンの[DVD VIDEO]古い規格の書き出し方式になります。

 

 

指定できるDVDの種類も

 

 

  • 1.4 GB
  • 4.7 GB
  • 8.5 GB

 

 

になっていて、僕みたいなモンは1.4 GBのDVDというのは見たことがありません。

 

 

軽く調べてみた感じ2000年初期頃にでた、少し小さいDVDとのこと!

CDの次の規格だったっぽいですね。

 

 

で、4.7 GB と8.5 GBは今でも主流なのでこれでいいのかな!と間違えやすいのですが

 

 

この左のDVDのアイコンは、MPEG-2のエンコードのみにしか対応しておらず

また指定できる画質も少し古いレコーダーで再生する用の形式になっています。

 

 

おそらく古い規格に合わせているためだと思うんですが

この場合のMPEG-2は最大画質が480までしか設定できないので、画質が少しよくありません。

※YoutubeのHDの画質で1920と1280になります。

 

 

あと画面サイズも選択できますが

最近のものであればほとんどがワイド画面(16:9)になります。

 

古い機材やアナログテレビなどであれば標準画面(4:3)になります。

 

もっと最近の規格で高画質に出力したい場合は、下記のAVCHDをお読みくださいませ。

 

 

Blu-ray DISC  + AVCHD

 

この[Blu-ray DISC][AVCHD]は設定項目がほぼ同じ最近の規格のものになりますので

一緒に説明いたします。

 

Blu-ray DISCはその名の通り、Blu-ray Discの書き出しになります。

注意すべき点としては、Blu-rayの書き込みに対応したBlu-rayドライブがパソコンに搭載されている必要があります。

 

[AVCHD]は、最近の規格に対応した DVD Discの書き出しになります。

注意すべき点としては、再生する機材がAVCHDに対応しているかどうか、です。

 

 

動画エンコード形式および画質の選択

ここで画質の設定をします。

 

MPEG-2 と H.264が選べると思いますが

画質、圧縮率ともにH.264の方が上ですので、再生したい機材でH.264が対応しているのであればこれを選ぶべきだと思います。

※AVCHDはH.264のみ

 

 

次に画質の設定ですが、下に行けば行くほど画質があがります。

※スマート フィットを選べば、可能な限りの最高画質に自動調整されます

 

選ぶ解像度の指標ですが、YOUTUBEでのHD画質は

 

1280 x 720

1920 x 1080

 

でございます。

 

1440 x 1080は、地デジで採用されている解像度になります。

これは4:3と思いきや、横に引き延ばす前提でデータ出力するらしく、再生すると16:9になるんだそうな

 

音声エンコード形式およびチャンネルの選択

 

LPCM:2チャンネルのみ

Dolby Digitalより音質は良いが、サイズが大きい

 

Dolby Digital:2チャンネルと5.1チャンネル

音質とサイズのバランスが良い

 

DTS:5.1チャンネルのみ

高音質ですが、5.1チャンネルのみでサイズも一番大きい

 

特に機材などのこだわりがなければ初期設定のLPCM:2チャンネルでいいかなと思います。

 

 

最新のPowerDirector 18はどれを選べばいい!?

 

買い切りプラン

 

 

  これらの3つのパッケージの違いは

  備わっている機能+エフェクトに差が

  あります。

 

 

 

 

パッケージ名:

通常版:

アップグレード:

サードパーティ製プラグイン数:

コンテンツパック:

 

Ultra

¥12,980

なし

2

プレミアム 1, 2, 3, 4,5

 

Ultimate

¥15,980

¥10,980

5

プレミアム 1, 2, 3, 4,5

ウェディング & ホリデーパック 10

 

Ultimate Suite

¥20,980

¥14,980

6

プレミアム 1, 2, 3, 4,5

ウェディング & ホリデーパック 10

トラベルパック 6

買い切りのおすすめはコレ!

 

これらは買い切り用のパッケージになります。

1番注意すべきポイントは、サードパーティー製プラグインの数です。

このプラグインのエフェクトはAdobeの動画編集ソフトにも入っている優秀でおしゃれなやつなのです。

 

 

サブスクリプションプラン

 

 

  これらの2つのプランの違いは

  収録ソフトウェア数に差が

  あります。

 

 

 

 

パッケージ名:

1年契約のお値段:

サードパーティ製プラグイン数:

プレミアムアドオン:

追加収録ソフトウェア:

 

PowerDirector 365

¥6,980

6

すべて無料で使用可能

なし

おすすめはコレ!

 

Director Suite 365

¥15,980

6

すべて無料で使用可能

PhotoDirector 11

AudioDirector 10

ColorDirector 8

 

 

来年もバージョンをアップグレードするのなら

こちらのサブスクリプションが安くあがりますし、全ての有料パックも無料で使えるのでお買い得かな!と思います。

 

注意すべきポイントは、2つのパッケージで、追加収録ソフトウェアがついてくるかどうかの違いくらい、と

無料で使えるBGMの中でも商用使用可能と個人使用で分けられているモノがあることに注意が必要です。

 

最新のPowerDirector 18の新機能やおすすめなところを紹介している記事は以下です

 

動画編集ソフト:PowerDirector 18がおすすめの理由とは!

            2019年9月27日に新しいバージョンのPowerDirector 18が発売されました!   &nbsp ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector17を愛用しておりマス!Directorzoneでテンプレート公開してマス!

-設定 / 使い方, PowerDirector

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.