お遊び動画編集部!

PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

ソフト

Lightworks / ライトワークスの簡単な使い方を画像付きで解説!

投稿日:2019年10月17日 更新日:

 

 

無料で使える動画編集ソフト~Lightwork / ライトワークス~の紹介をします

 

無料といっても、すべての機能が使えるわけではなく、無料版では機能が制限されています

例えば、出力できる動画は、Youtube/Vimeo用の1280 x 720(解像度:720p)までの動画、という感じです

 

DaVinci Resolveの特徴

  • 無料版と有料版がありますが無料版は機能+書き出し制限アリ
  • ノーアカウントなら7日間の使用期間(アカウントを発行すれば無期限)
  • 無料版で出力できる動画の解像度は1280 x 720(=720p)まで
  • OSはWindowx、Linux、Macの32ビット/64ビットに対応!
  • 日本語には対応していますがtxtファイルをいじる必要アリ

 

Lightworks / 動作スペック
OS 64bit / 32bit OS (Linux, Mac 10.9以降, Windows vista 7/8/10)
CPU Intel i7チップセットまたは同等のAMDチップセット
RAM RAM:3GB
高解像度ディスプレイ 高解像度ディスプレイ:1920 x 1080以上
GPU ビデオメモリ1GB以上、およびDirectX 9のサポート(Windowsのみ)
HDD インストール用に200 MBのハードディスクスペース

公式サイト~LightWorks~

 

 

有料版もあるのですが、有料なら完全日本語対応の動画編集ソフトの方が絶対いいので

あくまでも無料でできること、の紹介にとどめます。

 

あとこのソフトは日本語化すると次から起動できなくなるバグがあります。

少し面倒ですがtxtファイルを書き換える必要があります。下記で説明しています。

 

 

 

1.Lightworks公式サイトでアカウント登録する

 

まず、Lightworks公式サイトでアカウント登録をします。

※アカウントがなくても使えますが7日間の制限付きです。

 

 

 

まずホームページ右上の[Register]からアカウント登録をします。

完了すれば下記のようなメールが届きますのでリンクをクリックします。

 

 

 

 

下記の画面にて登録は完了です

 

 

 

 

 

2.アカウント登録したらソフトをダウンロード

 

 

公式サイト右上の[Download Now]というボタンからダウンロード画面に入ります

 

 

 

 

ダウンロードページに入ったら、お使いのOSをタブから選びます。

 

・Windows

・Linux

・Mac

 

 

次にバージョンですが、安定板が14.5で最新バージョンが下の14.6になります。

※2019年10月時点

 

 

 

 

 

私はWindows 10の64bit対応OSなので

画像内の赤枠で囲ってあるところからダウンロードしました。

 

 

ダウンロードが完了したらそのままインストールを進めてください。

 

 

インストール画面最終画面で以下の画面が表示されるときは

 

 

Enter a machine number between 1 and 2703, this should be unique amongst the group of machnes that are likely to share edits or clips.

「1〜2703のマシン番号を入力します。これは、編集またはクリップを共有する可能性のあるマシンのグループ間で一意である必要があります。」

 

 

よくわからなければ、1と再度打ち直せばインストールボタンがアクティブになります。

 

 

 

 

 

 

3.ソフトを起動したら...

 

 

まずは表示言語を日本語に設定

 

 

 

Lightworksを起動したらまず、表示言語を日本語に変えましょう。

画面右上の歯車をクリックします。

 

 

 

 

 

 

そして[Wording...]を選択します。

開いたウィンドウ→更に右上の歯車マークを押して[Import wordings..]を選択します。

 

 

 

 

 

 

[Import Wordings]が開いたら、下記の[Japanese.LwWords]という項目を選択しOKを押します。

 

 

 

 

 

これで表示言語を日本語にすることができます。

 

 

 

 

起動しないー日本語に設定した後ソフトが起動しなくなるバグがあります

 

 

普通だとここで設定は完了するのですが、

このままだと次回起動時にクラッシュしてしまうバグがあるので、下記のテキストファイルを書き換える必要があります。

 

 

C:\Users\Public\Documents\Lightworks\Preferences\Rewording.txt

 

 

ここにあるRewording.txtを開きます

 

[Ctrlキー+Fキー]を押して検索画面を出し、「IDS_HardwareSoftwareOnly=」と調べます

 

 

IDS_HardwareSoftwareOnly=システムサウンド

ここを

IDS_HardwareSoftwareOnly=SystemSound

 

に書き換えると次回からきちんと起動するようになります。

 

 

 

 

Sign in(サインイン)を済ませる

 

 

ついでに作ったアカウントでサインインを済ませておきましょう

先ほどの歯車ボタンから、[Licensing]項目の[Sign in..]を選択します。

 

 

日本語になってねーぞぉ!うりゃうりゃ!

 

 

 

アクティブ化の画面が開きますので、[Sign in]タブの[Username / パスワード]を入力し、[続ける]を押すと

Sign in が完了します。

 

 

このへんは日本語になってるのよねぇ、変な日本語だけど

 

 

4.Lightworksの使い方-簡易チュートリアル

 

最後に、Lightworksの簡単なチュートリアルを行います

 

 

 

4 - 1.プロジェクトの作成

 

まずは、新しいプロジェクトを作成する、からプロジェクトを作ります。

ここで最低限入力する必要があるのは、[名前][フレームレート]です。

 

無料版ではYoutube/Velmoに挙げる用のmp4動画しか出力できませんので、

フレームレートは、30 or 60で大丈夫だと思います。

※オリジナルの動画(ゲーム動画やビデオカメラで撮影した未編集)のフレームレートに合わせます

 

FPS 30で作ったプロジェクトにはFPS 30の動画しかインポートすることができませんのでご注意ください

 

 

4 - 2.編集したい動画をインポートする

 

 

プロジェクトを作成したら、まずは動画をインポートします

上記画像のようにLOGタブになっているのを確認し、この中に動画をドロップします。

 

 

 

 

するとクリップの中に動画がインポートされます。

このクリップ上で動画を再生するには、クリップの下がタイムラインで場面を選択し、[スペース]を押すとその時点から再生されます。

※たいていの動画ソフトの再生ボタンはスペースボタンに設定されていることが多いです

 

 

 

4 - 3.必要な部分だけをタイムラインに挿入する

 

 

編集したい動画をインポートしたら、次は[EDIT]タブに移ります

上記の編集したい動画をダブルクリックして[Viewウィンドウ]を開きます

 

 

 

 

 

ここで、この動画のどの部分を下のタイムラインに挿入するかを設定します。

簡単に言うと、ここからここまで!という2点を決めて下に送り込むイメージです

 

 

 

1.赤いマーク:プレビューの現在地を指します

2.青マーク前半:選択範囲(ここから)

3.青マーク後半:選択範囲(ここまで)

4.選択した範囲とタイムライン上のオブジェクトを交換する

5.選択した範囲をタイムライン上に挿入する

 

 

 

実際にやってみるとこうなります。

選択範囲を青いマークで設定し、挿入を押すことで、その選択範囲だけをタイムライン上の赤いマーク点に挿入することができます

 

 

 

上の要領で、3つほど場面を選択してタイムラインに並べてみます

 

 

とりあえずこれで必要な場面の挿入は終わりました

 

 

 

4 - 4.タイトルを冒頭0秒~5秒付近に入れてみる

 

次に冒頭部分にタイトルを挿入してみます。

まずは先ほど並べた3つの場面オブジェクトをすべて選択して、5秒付近まで移動させます。

 

 

これで5秒空きましたので、ここにタイトルを表示させます

まず、右上のEDITタブからVFXタブに移行します。

 

次に追加である[+]マークから[Text]を選びます

 

この中からお好みのプリセットを選んでダブルクリックします。

※この時タイムライン上の赤いマークの位置にタイトルが挿入されます

 

 

 

するとタイトルがFX1トラックに挿入されます。

 

 

 

 

ここを選択して、設定タブに移行するとテキストの色や内容を変更することができます

 

 

 

フォント:フォントスタイルやサイズ、透明度を選べます

顔:カラーのことです

ポジション:位置を調整できます

影:フォントの影をつけることができます。

アウトライン:フォント枠です

効果:インとアウト時のアニメーション効果を設定できます...フェード+タイプライター

 

ちなみに空白の部分だけでなく、動画クリップそのものにも適用することができますので、

割とこの辺は自由にテロップ等がつけれると考えてもらって大丈夫です

 

 

 

 

4 - 5.音楽を差し込む

 

 

次にBGMを差し込んでみます。

差し込み方は動画クリップとほぼ同じ要領で、インポートしてから選択範囲を設定し下のタイムラインに送り込む、だけです

 

 

 

 

ちなみに、上画像のように丸々挿入してから、あとで不必要なところをカットしても大丈夫です

 

音量の調整の仕方は、Shiftを押しながらボリュームの波のところを上下させることで調整することができます

 ←ここをSHIFTを押しながらクリックして動かしながら調整

 

 

余分な部分の削除の仕方は、青いフレームを使います。

 

 

 

このように要らない部分を青いフレームで囲んでから、

少し上の[マークされた箇所を削除]を押すときれいに削除することができます。

 

 

 

あとはBGMにフェードインとフェードアウトを設定します。

 

タイムラインのBGMをSHIFTを押しながらカーソルを合わせると薄い三角のマークが表示されます。

ここがフェードインとフェードアウトの設定になります。

 

(設定前)

 

(設定後)

 

開始部分の三角を調整することでフェードインが設定できて

終わり部分の三角を調整することでフェードアウトを設定することができるという感じです

 

 

これで、タイトル→場面A→場面B→場面C+BGM が設定できました

 

 

4 - 6.仕上げにトランジションを設定

 

 

最後に場面と場面が切り替わる時のエフェクト効果「トランジション」を設定します。

 

トランジションというのは

場面が切り替わるカットの時にフェードしながら切り替わったりする映画やドラマでよく見るやつのことです

 

 

まずは、場面と場面のちょうど間にカーソルを合わせます。

するとこういう白色の半透明のマークが出ると思います

 

 

 

ここで右クリックを押すと以下のようなウィンドウが開きます。

 

 

 

トランジションウィンドウから設定できるのは

 

加える:トランジションのエフェクトを選べる

長さ:何フレームかけてエフェクトアニメーションを完了させるか

ポジション:基本的には中心型でOK

 

 

です。

 

 

これは長すぎても短すぎてもよくないので、少し短いかなくらいで調節するといいでしょう。

大体30フレームくらいがいいかなと思います。

 

選べるトランジションエフェクトは、無料版だと5つだけですが、

オシャレで使いやすいやつしかないので、これは割と好印象です。

 

 

 

 

というわけで無料で使えるLightworksの紹介でした!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector17を愛用しておりマス!Directorzoneでテンプレート公開してマス!

-ソフト
-,

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.