お遊び動画編集部!

PowerDirector 18を愛用している動画編集が趣味な管理人による動画編集のコツとおすすめソフトの紹介です。

設定 / 使い方

Filmora(フィモーラ) 9:トランジションの使い方を画像&動画付きで解説!

投稿日:2019年10月23日 更新日:

 

 

Filmoraに搭載されているトランジション機能の使い方を説明します

トランジションの使い方としては大まかに2つの使い方があります

 

A場面とB場面をつなぐオーバーラップという使い方

 

1つの場面の頭 or お尻に設定してインとアウトにトランジションアニメーションを使う使い方があります。

 

後者は、イン時に適用することをポストフィックス、アウト時に適用することをプレフィックスとしています

 

 

プレフィックス & ポストフィックス

 

ここでいうプレフィックスとポストフィックスというのは、おそらくポーランド表記法のことだと思います。

プレフィックスは、前置記法(つまり前に配置するという意味)なので、2つの場面を並べてその前方側に適用するという意味で

ポストフィックスは、後置記法(つまり後ろに配置するという意味)なので、2つの場面を並べてその後方側に適用するという意味だと思います

 

 

 

 

オーバーラップ 使い方

 

オーバーラップとは、<重ねる>という意味で特に映像関連では

一つの画面が消えないうちに次の画面を重ねながら薄く映し出し、次第にその次の画面を濃くして行く技法のことを指します

 

 

Filmoraによるトランジションの数はデフォルトで180個近くあるので

オーバーラップとは単に2つの画面を重ねながらという意味になり、1番シンプルなトランジションの使い方になります

 

 

1.まず2つの場面を並べます

 

まず、タイムライン上にA場面とB場面という2つの場面を前後に隙間なく並べます

※動画以外だとテキストクリップや画像クリップなどでも可能です

 

 

 

2.クリップのつなぎ目に使いたいアニメーションのトランジションを差し込みます

 

次に左上のウィンドウから<トランジション>タブを選び、お好みのトランジションを選びます

 

選べるトランジションはデフォルト状態で180個ちかくありますよぉ!

 

※また選ぶときにトランジションだけを選択してプレビュー画面の再生ボタンを押せばDEMOを見ることができます

 

 

 

使いたいトランジションが決まったら先ほど並べたA場面とB場面のつなぎ目にドラッグすると適用することができます

※ちょうどつなぎ目の中間に向けてドラッグしてください。横にずれるとプレフィックスやポストフィックスの適用になってしまいます

 

 

 

3.持続時間を調整する

 

トランジションの適用ができたら持続時間を調整します

持続時間はアニメーションの速さを設定するものでとても重要な設定になります

 

 

例えば、持続時間が1,0秒のトランジションであれば指定されたアニメーションを1,0秒で完了するということになりますので

 

 

短くすればするほどアニメーションが速くなり

長くすればするほどアニメーションが遅く再生されるようになります

 

 

トランジションをダブルクリックすると

持続時間という項目があるので、ここにお好みの時間を入れておしまいです

 

だいたい0,5秒~2秒前後が自然に見える幅かなーと思います

 

これはトランジションのアニメーション次第で短い方が自然に見えるものと長い方が自然に見えるものがありますよ!

 

 

プレフィックス & ポストフィックス 使い方

 

 

次にオーバーラップとは異なり2つの場面を繋げない

1つのクリップのインとアウトのアニメーションを設定する目的での使い方を説明します

 

 

 

 

上のDEMO動画で説明すると

オーパーラップで説明したように前後に動画が並べてあるのですが

 

その2つを繋げるところにトランジションは設定していないことに注目してください

 

 

 

トランジションを設定しているのは、A動画の前方B動画の後方に設定しています

 

こうすることで、A動画ではイン時(始まり)の部分にのみトランジションアニメーションが適用され<フェードインアニメーション>となります

 

逆にB動画ではアウト時(終わり)の部分にのみトランジションアニメーションが適用され<フェードアウトアニメーション>となります

 

 

どのような場面で使うのが使いやすいかというと

DEMOのような動画のイン&アウト部分 であったり

 

独立したテキストクリップのイン or アウト部分 などで使うのが使いやすいと思います

 

 

 

1.まず1つのクリップを用意します

 

まずは、1つのクリップを用意します

割と使い勝手の良いテキストクリップで説明します!

 

 

2.お好みのトランジションをイン時 or アウト時に適用します

 

テキストクリップのインの表示とアウトの表示で相性のよさそうなトランジション

頭部分(ポストフィックス)お尻部分(プレフィックス)にそれぞれ適用します

 

 

3.持続時間を調整する

 

あとはトランジションをダブルクリックして持続時間を調整します

ここでもやはり1秒前後に設定しておくのが自然に見えるかなと思います

 

 

 

どちらも1秒で設定しましたが、こんな感じになります。

テキストの<高度編集>でもアニメーションは設定できるのですが、これだと少し楽ちんに設定できる感じです。

 

また、背景に影響を及ぼさないトランジションであれば、重ねてもすごく自然に仕上がります

 

 

 

 

もちろん、テキストクリップだけでなく動画クリップや画像クリップでもこの

プレフィックス or ポストフィックスを使うことができますので、自分のイメージに近い方法をとられるのがいいかと思います

 

 

お疲れ様でした!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

入江

入江言いマス。ゲームを録画したり動画編集したりするのが趣味です。PowerDirector17を愛用しておりマス!Directorzoneでテンプレート公開してマス!

-設定 / 使い方
-

Copyright© お遊び動画編集部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.